February 17, 2016

タイキ、1990年代のゲーム機について軽く語ってみる。(SS編)

ニコニコニュースを見ててふと気になった「【ガッカリ】買って失敗した90年代のゲーム機ランキング」だけど
どうやらこのランキングでは1位:セガサターン、2位:スーパーファミコン、3位:Nintendo64が
まさかのワースト3だったようだが、”まさか”という表現を用いている事から分かるように
タイキはこの3機全て所持しているし、持ってて後悔していない。
確かにデータ保存に不安があるし、メジャー作品の殆どが格ゲーばかりだったけど
良作揃いのゲーム機であり、決して買って後悔してない。

【セガサターンの場合】


タイキがセガサターンと出会ったのは、小学生時代の親戚の家だった。
既にこの時には学校でプレステ派とサターン派に分かれるくらいに
注目されていた時期だったんだけど、自分はこの出会いがキッカケで少数派のサターン派になった。
正確にはプレステアンチだった訳ではなく、むしろサターンの魅力を自分なりにクラスメイトや
友人に伝えようと動いてただけだが。
ちなみにプレステ派が多かった理由はやはり当時注目されていたFF7の影響だった。

そしてサターンとの出会いから数ヵ月後のとある年の正月。
お年玉や貯金も溜まって、遂にプレステかサターンのどちらかを購入しようと思った時に
まさかの懸賞当選でサターン本体とバーチャコップ2を手に入れた(驚愕)
そして浮いたお金で・・・サターン周辺機器+ソフト数本をお買い上げ。
え?そこはプレステ買うんじゃないの!?と思うかもしれないけど
プレステの場合、周辺機器を揃えつつソフトを買おうとすると、結構お金がかかってたんだよね。
しかし何故かサターンの場合、周辺機器はともかく中古でソフト買う分には驚くほど安く買えたから
サターンでやりたかったソフトを一気買いする事にしたんだけど
結局それが原因でタイキのプレステデビューは大幅に遅れる事になったのも
今となっては良い思い出だ(苦笑)  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 22:26Comments(0)TrackBack(0)