May 13, 2019

【超長文】タイキ、ようやく本格的にギターレッスンを開始する。【自己解説付き】

2019年5月12日・・・
世間では母の日として注目を集め、アイマスPとしてはSideM4thライブ
2日目が行われたこの日、タイキは先日決断したギタースクールでの本格的レッスンに行ってきた。
スタジオ合同練習やVorf氏・スプライト君との珍道中、そして飲みM@Sとで
それなりに充実したオフを楽しんだので今月はこのギターレッスンと
ポピパの対バンライブだけが支えである(充分過ぎる気もするがw)

【今回のレッスン内容】
・体験レッスン以降の練習成果の披露
・フォームの説明(クラシックフォームとロックフォーム)
・パワーコードの説明
・ブリッジミュートの説明、実践
・バレーコードの説明、挑戦


[習成果の披露について
体験レッスンでやったチューニングとアンプ接続は順調に終了。
(アンプ接続時は指差呼称までやった大真面目モード。理由は後述)
次にドレミファソラシドの単音での慣らし弾きを披露。
→珍しくすらすら出来た(午前中練習したけど)事で褒められる。
調子に乗ったタイキはその後、運指練習フレーズの一部を実践。
→こちらも初っ端から出来るとはと驚かれる。

何か終始褒め殺しだったのだが、実際は主にそこしか練習していなかっただけなんだけど(苦笑)
だがよく考えてほしい。ギターの練習は「イメージができるか?」が重要だと思っている。
いくら教則本通りに弾けてたとしても、成功例が聴けない(バンドリのアレは本だけ)以上
「本当にこれでいいの?」という疑問が晴れる事がないのだ。

しかし今まで挑戦してきた”かえるのうた”や”きらきら星”とかは
有名な曲であり、メロディーもイメージできるので成否に確信が持てる。
だから確信が持てる部分を更に安定して弾けるようひたすら反復し続けた結果なのである。
とりあえず先生のお褒めは素直に受け取りつつもストイックに頑張っていこうと思えた。

▲侫ームの説明(クラシックフォームとロックフォーム)
フォームと聞くと、仮面ライダーが真っ先に浮かぶタイキだが
ギターでは握り方の違いらしい。専門的な説明はググってもらえれば
色んな方が解説してくれているので、タイキなりに理解したフォームの特徴を説明してみると・・・

・クラシックフォーム
ギターのネックの裏側を親指で添えて弾くスタイル。
利点は左手の指の開きが良くなり、薬指や小指のトレーニングにも向いており
バレーコード等の演奏に向いている。しかしロック等の力強い奏法が行えないのが欠点。
(今までの練習は全てこっちで対応してた)

・ロックフォーム
ギターのネックを親指を出して握るフォームで
イメージで言えば左手でフレミングの法則の形を作り
その形を維持する感じで握る為、指が斜めに向ける感じで弦を押さえるのだが
その形の影響で指の開きができなくなるのが欠点。
しかしこれが出来ないとロックやヘヴィメタの奏法が行えない基本かつ超重要なフォームである。
(唯一今後レッスンの度に出来るようになってるかチェックすると言ってた程)

今後の独学(反復対象)練習にこのフォームのマスターも目標にしないと・・・
もっとも最終的にはどちらも使い分けられるようになって、最適な形に自然と変わっていくらしい。

パワーコード
二つの音を同時に押さえて弾く奏法であり、一般的なコードと違って
僅か2本(何も押さえない開放弦を含むと指1本)だけで成立する和音であり
あらゆる有名な曲でも活用される事のある実用性が高いものである。
特徴としては和音によって歪ませた音によって力強いサウンドで演奏できるらしい。
しかも指の押さえ方さえ理解できればその形を維持してスライドするだけで
パワーコードを使いこなせるようになるとの事。
以前4校目の体験レッスンではこのパワーコードを使って疑似セッションした
経験があった事もあり、パワーコード自体は順調に進んだ。(後は運指が課題だけど)

ぅ潺紂璽函▲屮螢奪献潺紂璽
テレビのリモコンにもミュートと書かれているものがあるので分かりやすいが
簡単に言うと音を止める(鳴らさせない)事であり
左手で対象の弦に触れる事で止めるものと、右手の手刀部分で止めるものがある。
そして右手の手刀でブリッジ付近の弦に軽く触れて弾くのがブリッジミュートとの事。
しかしこのブリッジミュートとパワーコードを組合わせると音色は更に広がりを見せるので
今回の練習の中では特に関心を持った部分だったりする。

ゥ丱譟璽魁璽
Fコード等でお馴染みの多くのギタープレイヤーを挫折に追い込んだ(?)
指1本で複数の弦を同時に押さえて弾くコードの事。
複数の弦というのがポイントである、全てではないのがミソ。
何と初回からいきなりバレーコードですよ。
「タイキ(実際は本名)さんなら出来そうな気もしたので・・・」との事。
何なんでしょうこの謎の信頼度は(苦笑)
勿論できなかったけど、ほぼ半分以上は形になってるらしい。
ここを結局できてないと捉えるか後少しと前向きに考えるかの違いって何気に大事だよね?
どちらも間違いではないんだけどさ。
まぁ今回はコツの説明とチャレンジが目的なので、出来なくても大丈夫との事。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 01:21Comments(0)

April 23, 2019

タイキ、ギター教室を探してみた(決断)

先日通うべき4校のスクールの体験レッスンを終えてみて
振り返ってみたのだが・・・

まず最初に1校目はもう候補から外してしまう事は確定だった。

【1校目除外の理由】
・全候補の内、唯一教材費を取っている
・キャンペーンとのタイミングのズレ
・スクール側とタイキとのヒアリングが活かされなかったのが気になった


これは他の候補を回ってみたからこそ分かった部分でもある。
体験レッスンが30分と短かったからかもしれないが
それを言ってしまえば4校目も同じ30分だが、ボリュームや印象は全然違ってたし。

1校目脱落、残り3校となるのだが、ここでもう1つ即決で外すのを決めていたスクールがある。
それは・・・4校目である。

【4校目除外の理由】
・場所が分かりにくかった(しかも夜は結構暗い)
・担当講師が2人しかいないので、予約とか大変なのではと危惧した
・ブースレンタルでアンプ貸出がない


レッスンの進め方とかは面白そうだったし、3つ目の理由を除けば
決して悪いところではないんだ。しかし通勤方向とは逆である以上
余程強いメリットがないと候補としては選びにくいよね?

4校目脱落、残り2校となったのだが・・・ここでおさらいしておこう。

【2校目の特徴】
・通勤途上にあるので通いやすい(定期範囲内)
・駅からは近いが、ビル街の中にあるので夜は暗め
・料金は比較的安め。
・候補内唯一のスタジオが運営してるので、レッスン環境は良さげ。
・ただしネット上の情報や評判などがあまりにも少ない(出来立てならまだしも)

【3校目の特徴】
・通勤方向とは逆(交通費が発生する)
・講師の中にバンドリメンバー関係者がいる。
・全候補中、最も授業料が高い(月3スタートだからしょうがないのだが)
→初心者コースなら安めだが、期間限定の上にスケジュール調整が必要。


まさに値段を取るか、縁を取るかの選択だったのだが・・・  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 07:26Comments(0)

April 22, 2019

タイキ、ギター教室を探してみた(4校目)

【前回のあらすじ】
・タイキ、とんでもない人と出会う
・トントンも煽てりゃ木に登る〜♪

3校目の衝撃から約1時間後、最後の候補である4校目に向かったんだけど
外は既に夜と暗かった事もあり、正直スクールの場所がすぐには特定できず
遅刻しかけたけど、無事に到着。

【4校目のポイント】
・マンツーマン形式での個人レッスンスタイル
・通勤とは逆方向だが電車で十数分と近い(しかし繁華街とは逆方向)
・入会後キャンペーンは不明(ここは現地で聞かされるパターンがあるらしい)
・無料体験レッスンは約30分
・4校の中で最もヒアリングを重視していた+連絡もこまめにくれていた。
・支払方法が独特らしい(現金の直接やり取りが存在しないらしい)
・他の系列スクールでのブースレンタルが可能。
・「講師はあなたの先生ではなく、やりたい音楽を実現する”プロデューサー”」
→このキャッチフレーズに惹かれた要素アリw

という訳でこちらもレッスン前にアンケートを行い、それに沿ってレッスン開始。

【レッスンの結果】
・アンプの使い方の習得
→タイキはヘッドフォン型アンプはあるが通常のアンプは持っていないので
 何気に貴重な体験。2校目では向こうにセッティングしてもらっていた。
 資金に余裕があれば実家用にアンプ買っておきたかったなぁ〜
(タイキ父母がめっちゃ関心示してるけど、このままじゃ音小さくて聞かせられないし)

・Em、Em7、C、Dコードの練習

・楽曲「スタンドバイミー」に挑戦するが、Cコードが安定して抑えられず失敗。

・パワーコードの説明、実践(まさかの先生とのセッション)
→同じパワーコードを繰り返すだけとはいえいきなり初セッションを経験したのだが
 すげぇ楽しいコレ!下手なりにも誰かと演奏する事がこんなに楽しいと
 知る事が出来て良かったよ本当。最後は固い握手を交わして先生とお別れ。

その後スクールの説明を受けたのだが・・・
【4校目のポイント(追記)】
・入会特典は体験レッスン後であれば追加レッスンチケットのプレゼント
・ブースレンタル時に楽器含めて色々レンタルできるが、アンプは例外(何でだよ!)

こうして、全ての候補地での体験レッスン巡りが終了した。
今回の体験巡りで想定以上に得られたものが大きく多かった事もあり
趣味の範疇とはいえ、ギタリストとしての未来に希望が持てた(Fコード…うっ、頭が!)
タイキは背負った相棒の重みと感触を噛みしめつつ家路につくのであった。  
Posted by chronoss_shine at 19:30Comments(0)

タイキ、ギター教室を探してみた(3校目)

2019年4月21日
遂にこの日で全てのスクール候補の体験レッスンが終わる。
そしてこの日は3校目の1時間後に4校目を受ける若干強行スケジュールだったりする(苦笑)
この時点では2校目が暫定的に本命となっていたのだが・・・

【3校目のポイント】
・体験レッスンでは唯一のグループレッスン形式。
・通勤とは逆方向だが電車で十数分と近い
・キャンペーンは、体験レッスン時に入会すれば入会金半額。
・無料体験レッスンは約60分
・初心者用コース(グループレッスン+固定)とフリータイム制がある。
→しかし初心者コースは2か月のみ、フリータイムは60分月3回からで予算オーバー
・実はとんでもない情報が後に判明。


4校の中では実は最も可能性が低い候補なのであったのだが・・・
体験レッスンにて訪問した際に、事態は急変する事になる。
まず予定時刻の20分前位に到着して受付を済ませると
「今日は〇〇さん(本名)お一人だけなので、早いですけど始めます」
これでグループレッスンからマンツーマン形式に変更となった。
そんな訳で本来の体験レッスン+20分ボーナス付きのレッスンの結果・・・

【無料体験レッスンの結果】
・基本フォーム(姿勢・ピックの持ち方)の復習
・ピッキングの練習(オルタネイト・ピッキングの説明と実践)
・ギターの仕組みを復習
・TAB譜の読み方を復習
・Aコード、Eコードの練習


おや?前回とは違って進展がないなと思った方がいる事だろう。
実はタイキは全てのスクールに対して「0からレッスンしてほしい」と注文していたので
こうなっている訳だったりする。(もっともここの場合は最初からこの流れに決まってたらしいが)

これだけならこのままハイサヨナラ〜で終わる話なのだが・・・  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 00:45Comments(0)

April 14, 2019

タイキ、ギター教室を探してみた(2校目)

※今回は教則本「バンドリ!ではじめるエレキ・ギター」を基準として
 進行する部分があるので、伝わりにくい可能性があるので・・・皆買ってね♪

2019年4月14日・・・
この日、遂に2校目の体験レッスン日を迎えた。
ところが前日の飲みM@Sで騒ぎ過ぎた影響か若干二日酔いのような
気持ち悪さを残した状態でレッスンを受ける事になってしまった。
もっともレッスン開始時点で復調できてたけどね。

【2校目のポイント】
・マンツーマン形式での個人レッスンスタイル
・通勤途上にありつつ駅からも近い
・キャンペーン等は特になし。
・タイキ自宅からは電車で約30分前後(1校目より近い)
・無料体験レッスンは約50分
・ネット等の評判を見ようとしても情報量が少なすぎる気がした。
・スタジオが運営してるスクール


2校目からはレッスンだけでなく、1校目との比較も意識しなければならなかったのだが
いざ受付に向かってみると、スタジオ入り待ちしてる団体さんがまったりしてたんだけど
渋いおじ様ばかりで何だか場違い感を思いつつも何とか受付。
今回はまさかの女性講師という事もあって正直驚いた。
(ネットの事前情報で女性講師に関する情報がなかった。)

前回と違い今回は音楽経験から弾いてみたい曲の話や
今後の練習方針についての相談に時間を割いてくれて助かった。
(むしろ入会に関する案内があっさり過ぎて逆にこれでいいのか?と思ったほど)
それにしても1校目も2校目もそうだけど、講師陣にバンドリ!の話を振っても
あまり詳しくなかったようなので、まだまだ盛り上げていかないとね!

【無料体験レッスンの結果】
・チューニングの復習。
・ドレミファソラシドが一通り弾けるようになった(安定度UP)
・きらきら星を光らせる事に成功。
・単音ではあるが「キズナミュージック」の1フレーズの演奏に成功。

→教則本の「バンドリ!曲を弾いてみよう」から抜粋して練習した結果。


まさかの超進歩であるΣ(゚Д゚)
勿論楽譜(TAB譜含む)なしでやるのはまだまだ無理だが
引っ掛かりつつも最後まで弾けたのは大きな収穫だったのではないだろうか?
数時間後、帰宅して首・肩・背中をほぐしてから上記の復習がてらにもう1度挑戦してみると・・・
キズナミュージックはかなり突っかかりながらも出来たし
きらきら星に至っては、先日までキラキラと擬音ばかりで光ってないwなんてネタにしてたし
今では光ってるよ〜と騒ぐどころか安定度増してるぅぅぅ。これは面白くなってきたぞ!
2校目の入会についての返事はいつでもOKと言ってくれているので
申し訳ないが1校目はお断りして、2校目以降のどれかで決めようと思う。
1校目もいい指導であったが、キャンペーンのタイミングがいけないのだよ…
フフフフ‥ ハハハハハハ!!(赤い彗星感)

話は変わるが現在進行形でスクール探し中ではあるが
何と飲みM@Sバンド(仮)でのスタジオ練習する機会がGW中に行われる事になる予定。
それまでには何とかある程度形にしておきたいつもりだが
とりあえず基礎を徹底的に反復しつつ、運指練習に力を入れて
コツコツやっていくしかないかな!  
Posted by chronoss_shine at 19:51Comments(0)

April 10, 2019

タイキ、ギター教室を探してみた(1校目)

3月にエレキギターを購入してから1週間以上が経過した。
そして4月9日、俺は人生初のギター教室へ無料体験レッスンに行ってきた。
ちなみにこの時点でのタイキのスキルは、「チューニング可能(微調整が苦手)」なだけ。
(こまめに練習しようとしたが、持ち方・構え方・チューニングに悪戦苦闘し
 背中や首に負担がかかってじっくり出来なかったのもある。)

当然だがこのままではスタート以前の話であり、暫定ゴールである流星群やプラリネなんて
遥か彼方先の話である(苦笑)
という訳でギター教室を探す事にしたのだが・・・
とりあえず「通勤定期圏内or短距離移動である事」・「リーズナブルな授業料」
優先して4+1校まで選出した。
(+1は購入した楽器屋と提携してるスクールで無料チケット貰ったからなので
 恐らく候補にはならない。授業料だけでも大変なのに+交通費はねぇ〜)

【1校目のポイント】
・マンツーマン形式での個人レッスンスタイル
・通勤途上にありつつ駅からも近い
・入会後初月分授業料無料キャンペーン期間中
・タイキ自宅からは電車で約40〜50分の距離。
・無料体験レッスンは約30分(スクール説明に+5分)
・実は最有力候補だったのだが、調整都合上まさかの1校目訪問

とりあえず1校目だったので、まずはレッスンを楽しむつもりで受けてきたのだが
流石マンツーマンという事もあって、持ち方から指の構え方まで
しっかりチェックされており、非常に助かった。レッスンも躓く事も不快になる事もなく
順調に進んだので良かったのだが・・・

【無料体験レッスンの結果】
・ギターの持ち方をしっかり覚えた。(チューニングは講師に一任した。時間ないからね)
・E(イー・メジャー)、Am(エー・マイナー)コードの練習。
・音符と休符、ミュートについてを実践。

→上記レッスンで恐らくタイキにとって運指が課題と認識できた。
 実際に教則本「バンドリ!ではじめるエレキ・ギター」を参考に復習がてら
 ”きらきら星”のメロディーに挑戦してみたら
 最初の「きーらーきーらー」で止まっていつまでも光れない(苦笑)
 ただし時間こそかかるがドレミファソラシドは何とか弾けた。
 いよいよ反復練習に突入かなこれは!?  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 00:43Comments(0)

December 02, 2018

タイキPにとって長く熱い7日間(D/ZEALイベント 後半)

【前半戦のあらすじ】
休憩時間どころか休日もこのイベントに費やしているが
己のうっかりや副業ダメージにて思ったように進められないタイキP
全ては折り返しブーストに託す事に・・・

11月25日(5日目)
・目標pt:150000(とりあえずハードルとモチベを上げるしかなかった)
・副業:タイキ父の家業手伝いで9:00〜17:00までスマホ使用完全禁止
・プレイスタイル:家業手伝い後に一気に追い上げ
・補足:15:00以降は折り返しブーストが入るようになるが
    タイキ父の家業はお客様先での作業の為、父の評判にも繋がりかねないので
    流石にふざけた事は出来ず、手伝いに専念。


【結果】
・到達pt:180000前後(初の目標達成)
・補足:家業手伝いをやり切るが、このままでは悪足搔きすらできないと判断し
    苦渋の決断で×1.2倍曲のみでのイベントアイテム稼ぎを止めて
    0.7倍の仕事活用による稼ぎに変更。これにより回復アイテムだけでなく
    ジュエルの消費も増えたが、その分ポイント獲得も大幅に増加した。


11月26日(6日目)
・目標pt:240000以上(300000越えを果たすには最低条件)
・副業:22:00〜翌9:00までの夜勤シフト突入。
・プレイスタイル:ガンガンいこうぜ!
・補足:長時間のプレイという意味では最後のチャンスタイム

【結果】
・到達pt:250000前後(目標達成、ただしボーダーの不安要素あり)
ここからはもう余計な事を考えずにひたすらプレイしてた記憶しかない。
たまにTwitterとかで予想ボーダー見に行ったりはしてたけど
ここら辺あたりから「あれ?もしかしてこれ2500位ボーダーいける?」と思い始める。


11月27日(7日目)
・目標pt:280000以上
・副業:22:00〜翌9:00までの夜勤シフト。
・プレイスタイル:ガンガンいこうぜ!

【結果】
・到達pt:300000到達(目標達成)
もはやこの時も思いは1つ・・・ただ”勝ちたい”と!
2500位ボーダーを超えてプラチナランカーの仲間入りを果たしたいと!!
その為ならラストスパート頑張れると思えるようになってた。そして最終日・・・
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 09:26Comments(0)

December 01, 2018

タイキPにとって長く熱い7日間(D/ZEALイベント 前半)

IMG_3577


以前このブログでも触れたように、2018年11月21日から11月28日までの7日間
ミリシタにて新ユニットD/ZEALのイベント「プラチナスターツアー ハーモニクス」が開催された。
メンバーはジュリアと最上静香であり、以前ジュリアが参加したEternal Hermonyの時とは違って
ジュリアのカードはランキング報酬として扱われる事になっていた。
今回の話は、そんなジュリアがメインとなったイベントにて己の限界に挑んだ1人のPの話である。

まず参加前の時点で俺は上位入りは果たせないと分かり切っていた。
ミリシタはただでさえイベントボーダーがぶっ壊れる事で有名だし
最上報酬(100位以内)を貰おうとすれば、課金は避けられないし時間の確保も重要である。
しかしこの2つの条件をどうしてもタイキにはクリアできなかったのだから。

資金面:住宅ローン+今年の初めに三桁以上の大出費発生につき貯金活動中。
時間面:イベント期間中フリーなのは僅か1日、しかも今回は3連休が期間内に挟まっている。


だがそれでも俺が今回のイベントだけは走らない訳にはいかない。
まず最初に俺はシンプルに”ジュリア担当P”であるからなのは当然だし
担当Pとしての意地だけでも貫き通したい。

次に俺にはアイマスPとして特別な功績を残せるものが未だにないから。
あるのはアイマスP歴の長さとカラオケでアイマス曲を歌える事それくらいしかない。
だから俺にも誇れるものが欲しい。

最後に俺が今まで”本気で挑んだ事”で勝てた事が1度もなかったから。
学生時代の入試だったり、就職試験だったり、運転免許とか資格の取得だったり
懸命になったもの程、結果を残せなかったのだから・・・
(大抵自棄になるか脱力気味でいると、結果的に成功してたから内心虚しさがあった。)

以前このイベントに触れたあの記事を書いた時点ではここの部分はこっ恥ずかしくなるし
一体どうすれば”勝てた”と思えるのかハッキリしなかった事もあって
書かなかったんだけど(今までを考えると逆に縁起が悪いと思ったし)
イベントが終わった今なら敢えて記録に残そうと思って書いてみた。

そんな自分が頼りにできる武器は・・・

・アプリ内のあらゆる回復アイテム全て
→ドリンク10:30個、ドリンク20:30個、ドリンク30:30個、MAX(マカロン含):38個
(保管庫からあふれた分は累計62個、内訳は忘れたw)

・無償10000ジュエル(内5000は例の感謝祭報酬)

・己の体力、精神力、意思

・現地調達(イベント報酬等)


たったこれだけである、ラストアクトレスの10連ガチャとかお姫ちんの復刻ガチャとか
引かなきゃよかったなんて問題もあってね(苦笑)
とりあえず勝ち負け問わずドリンクは使い切る事やジュエルについては少なくとも
感謝祭の5000ジュリアは全てここにつぎ込む事は既に決めてある。
まぁそれでも俺の計算では過去のイベントボーダーを見ても到底届かないと思っていた。
あとはイベントが幕を開けるまで全ては分からない、そう言い聞かせながら
ひたすら突っ走るしかない。
当然他のアプリも最低限触れる程度しかやらないと覚悟してたけど
ハッチポッチの円盤を我慢しなきゃいけないのは少しだけ辛かった(苦笑)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 21:26Comments(0)