October 06, 2014

アイマス9thTOKYO行ってきた−2日目−

1日目に続き2日目、この日も会場である東京ではなく、ライブビューイング会場の某映画館に
行こうとしてたんだけど、やはり何かしら起きるであろうと思ってたアクシデントに巻き込まれた。
大雨・台風を覚悟して早めの出発・重装備できたのに全然バスが来ねぇ!
やっぱ時間通り来ないものなんて当てに出来ないね。
電車に乗れば誰かが緊急停止ボタンを押したらしく、ただでさえ人身事故で電車遅延してるのに
僅かに残されてた時間内到着の望みも緊急停車と共に消えた。
かつて大雨で電車遅延起きて超不機嫌になりながらも(確かミリオンの時だったはず)
何とか会場入りには間に合ってたんだけど今回、初めて無念の遅刻。
と言っても何とか数分レベルのダメージ・・・具体的に言えば社長アナウンスの一部を聞き逃したレベルで
何とか”ライブの開演”には間に合って良かった。
いかん、また長くなりそうなので、今回もセットリスト紹介はアイマスDBさんより抜粋!

・アイマス9th東京公演2日目セットリストはこちら

おいおい、まさかセットリストをここまで変えてくるとは思わなかったぞ!
しかも1日目よりアケマス曲多いじゃないか(歓喜)
更にふと何となくやるかもと思ってたとはいえ、本当にみのりん(茅原実里)キター!
SSAの時みたいに不意討ち気味ではなく、ちゃんと社長からアナウンスがあったとはいえ
かーなーり、テンションあがったのは間違いない。
そして東京会場が日本体育館だったからなのか、まさかの東京オリンピックネタ尽くしw
下田クリステル氏(違)のお・も・て・な・し、から始まりまさかのTOKYOボードネタが拡散していったのは
ホント腹抱えて笑わせてもらったww


前半は大笑いしてた印象ばかりだが、終盤は一気に涙腺集中攻撃ですよホント。
あ、残念ながらと言うべきか分からないけど、自分は泣きませんでしたよ。
その代わりリウム振りながらおもいっきり歌ってましたけどね。
周囲で泣き崩れるPの方もいたんだけど、その人が羨ましいという気持ちがあったから
勝手ながらせめて彼らの分まで俺がやってやる!という思いが強まって更に泣けなくなるという有様(苦笑)

だけどさ、涙流そうなんて思う必要もないし泣かなきゃと思って泣くのもなんか違うよね?
彼らの場合もしかしたら共感できる部分があったのかもしれないし
ただ単純に嬉しかっただけなのかもしれないしって分析できるかもしれないけど
分析や理解できたからって、皆同じように泣けるのかと言われたらそれは違うからね。
泣きたい時に素直に泣ける、それも1つの幸せなんだと思える場面だった。
そう言いつつ、なぜか帰宅時になって遅れてきた波に飲まれてたりするんだけど(苦笑)
いやぁー今日が大雨で1つだけ感謝できるな。台風接近間近なら傘差しても確実に濡れるから
泣いてたって誰も気にしないだろうし。(過去に公衆の面前で膝から崩れ落ちて号泣経験あり)

なるべく纏めてみたけど、正直書いてる本人がこれだけでは納得できん!
まだまだ書きたい事沢山あるんじゃい!という事で後日具体的に改めて書いてみる予定。
流石に今回はそう簡単に忘れられないだろうし。更新意欲刺激できるし。  

Posted by chronoss_shine at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

アイマス9thTOKYO行ってきた−1日目−

2014年10月4日・5日
待ちに待ったアイマス9th行ってきました!と言っても現地じゃなくてライブビューイングなんだけどね。
勿論現地に行きたい気持ちはあるけど、流石に運と資金力が足りなければどうしようもない(苦笑)
まぁライブビューイングに不満があるかと言うとそんな事はない。
むしろ前にも書いた気がするけど、映画館で見る利点もちゃんとあるからね。
では早速まずは1日目のセットリストは・・・いつも通りアイマスDBさん参照という事でw

・アイマス9th東京公演1日目セットリストはこちら

久々のアイマスライブという事だったのだが、あくまで今だから言えるけど
実は今までのライブの中で最もテンションが低かった。
無論これはアイマスに問題がある訳ではなく、むしろ自分自身の環境に問題があるわけで
今回のライブではある意味”自分らしい自分”を取り戻したい思いでもあったんだよ。
だって家に居たって、アイマスの理解者は居ないし、それは職場にも言えるし(趣味隠しは一切してない)
友人に理解者は居るけど、そこまで深い内容を知ってる訳じゃない。
本当の自分自身を解放できるのは、このアイマスライブの時だけなんだよ。

でもここ最近仕事面・プライベートもあまり充実してるとはとても言えない
無気力がちな日常をおくってる身としては、ライブが楽しみであっても正直SSAの時みたいに
最初からクライマックス、フルスロットル!・・・とはいかなかったんだ。
だけどさ、そんな状況の自分だったからこそ、今回のセットリストは自分の心にダイレクトに響いたね。
ソロ曲が多くて、アイドルそれぞれの魅力を再確認できたし
何せアイマスの原点であるアケマス時代の曲がいくつか入ってたのは嬉しかった。
正直また聴けるとは思ってなかったからさ。でもまぁともかくライブを楽しみつつ自分の原点も
振り返る時もあって、何だか懐かしさを感じるライブでもあったな。

それ以外にもまさかこんなチョイスで来るとは!と驚く場面も結構あって
おもいっきり盛り上がって楽しい時間だったのは、全然変わらなくて安心したし嬉しく思えた。
あ、時間と言えば今回のライブ、本当に長丁場だったんだね。
確か17時から始まって、ライブ終わった後携帯の電源入れたら、21時半・・・
まさかの4時間半ノンストップライブですよっ!
諸事情により徹夜+リアルスタドリ装備で挑んだ身としては
アイマスライブじゃなかったら決して乗り越えられなかっただろう。
もっとも・・・ライブの時はそんな疲れすっかり忘れてたけどさ(苦笑)

とにかく久々の全力投球での参加だった1日だったね。ライブ直前まで台風情報知らなくて
もしかしたら2日目行けなくなるかもしれない(行けたとしても帰れないの非常にマズイ)訳だったし。
いや、全力って表現は少し違うな・・・限界の向こう側へ目指したんだ!
またしても俺はアイマスに救われた、本当にありがとう。  
Posted by chronoss_shine at 00:11Comments(0)TrackBack(0)

September 23, 2013

アイマス8th(幕張2日目)・・・反省点メイン

2013年9月22日・・・
8thツアー千秋楽となる幕張2日目の公演をライブビューイングで参加してきた。
前回参加した横浜から1ヶ月、若干環境も良くも悪くも変わったけど
アイマスライブへの熱は決して冷める事無く精一杯楽しむ事が出来た。
毎回の事だが腕だけでなく、背筋とか足の筋肉痛がヤバイ(苦笑)

ただ今回のライブではかーなーり、マズイ事が起きたのが唯一残念な事だった。
勿論ライブの内容には何の問題もない。若干気にしてた9.18の悪夢どころか
普段以上に豊富かつテンションの上がる情報に盛り上がったし
(資金の出費面では多少頭を抱える事になったが、前向きな悩みだ。)
ライブビューイングでは前回やれなかった公演終了後のアイマス最高コールも出来たし
(この事には共に参加したPの皆様に感謝したい・・・)

問題があったのは個人の問題・・・クーラー病による腹痛発生だ。
正直今までいつか起きるんじゃないかと恐れていた問題だったのだが
まさかこの場で本当にヤバイ事態になるとは思わなかった。おかげで1曲分だけ聞き逃しちゃったし。・゚・(ノД`)
しかも腹痛はライブ終わってもしばらく解消されなくて苦しむ羽目になったけど
1曲分のみで戻ってきて後はひたすら我慢してアンコールまで乗り切った自分をとことん褒めてやりたい!
勿論腹痛だからと言って応援に手なんて一切抜かねぇっ!!(ノ`Д´)ノ
幸いライブビューイングだったから、トイレも何とかなったけど、もし仮に会場で同じ事が起きてたら
トイレに行けてただろうか?仮に行けても席に戻れる保障はどこにもなかっただろうな・・・
よりによって腹痛だけで話が長くなってしまったので、次の記事に改めて感想を書く事にする。  
Posted by chronoss_shine at 22:37Comments(0)TrackBack(0)

June 26, 2012

アイマス7周年ライブ ライブビューイングでの参加−全体感想−

ここまではライブビューイングに関する感想ばかりだったから、今度はちゃんとライブに関する感想を書こう。
※ここからは今までとは一変、ややぶっ飛んだ内容になるかもしれません。

まずアイマスガールズについて・・・やっぱ皆さん、良いですよねぇ〜♪
こうして全員揃った姿を見る事が出来るなんて、本当良かったな!
このブログを止めている間に、9.18事件とかもあったから、一時はどうなってしまうのか不安だったしなぁ。
しかも我々へのアピールも忘れない。同時に盛り上げ方も板についている。
さてここからはいくつかのポイントに分けて書いていこう。

1.新衣装について
共通衣装よりかは、個別衣装の方の話になるんだけど、今回もイメージ(カラーも)に合わせた衣装で
実に素敵なものに仕上がっていたのではと素人な自分が偉そうに言ってみる。
その中でも特に気に入ったのは・・・萩原雪歩役のあずみん(浅倉杏美さん)だ。
ライブビューイング効果もあって、あの純白な衣装でライブビューイングの巨大モニターに映し出される
あずみんの笑顔に、見事やられましたよホント!2日間共にもう可愛くて可愛くてたまらんぞー
まさに惚れてまうやろーっ!!!な状態になってました。
多分今回のライブのDVDorBDは買ってしまうでしょう。だってもう1度あの笑顔見たいんだもんヾ(=^▽^=)ノ

2.歌、パフォーマンスについて
まず最初に、はらみー(推しキャラである四条貴音役の原由実さん)の歌ってる姿はマジ色っぽい!
普段喋るとほんわか〜な感じなのに、ここまで変わる!ハァ〜はらみー最高だわ。


次に色々と不憫だと聞くぬーぬー(我那覇響役の沼倉愛美さん)もなかなかヤバイ。
まずはNext Lifeという曲での迫力だろう。俺、ライブビューイングで見てるのに・・・
むしろ見下ろす位置だったはずなのに・・・まるで逆に見下ろされたかに思えるキリっとした表情とダンス。
しばらくの間、この曲が流れた時はこの時の状況を思い出しつつ、俺自身身体が動き出していくだろうなぁ。
かっこいい一面だけでなく、その一方である場面では非常に可愛らしい姿も拝見できる。

パフォーマンスで負けてないのは、若林神(秋月律子役の若林直美さん)だ。
神の場合は毎度の事だが、キャラクターの再現率・観客へのフリが半端ない!
いっぱいいっぱいが流れ出せば、そこからは神の独壇場。
我々は神の手の平の上を喜んで踊り続けようじゃないかっ!

アピールといえばこの人、キング(某声優Pの嫁こと三浦あずさ役のたかはし智秋さん)も凄い。
流石1度アリーナを経験してるだけあって、広いステージのどこへ行っても目立つんです!
そしてそのお姿はライブビューイングでも何度も映っていました。
我々を何回悩殺するつもりなのでしょうか?だがそれがいいっ!

最後は、やっぱりミンゴス(如月千早役の今井麻美さん)だろうな。
前にも書いた約束は勿論、その前の眠り姫も鳥肌半端なくて一瞬金縛りにあったように動けなかったもんな。
あの反則級なカメラワークもあって、「俺、映画観に来たんだっけ?」と思えるくらい
何か壮大な物語が始まるんじゃないかって気がしましたよホント。

3.セットリストについて
おおむね予想を裏切らないかつ生で聴きたい曲が目白押しだったから、かなり盛り上がれましたね♪
でも・・・でも・・・何でヴァンパイアガールないの?何でLMGやrelations編集しちゃったの??
出来る事ならちゃんと聴きたかったなぁ。

4.ライブ後のタイキについて
真面目な面はこの間書いたから良いとして、テンション上がりまくったタイキPの方は
帰宅後、セットリストを確認してipodのリスト編集して極力再現してその勢いで
編集したリストをBGMにして車に乗り込み、横浜アリーナ周辺をドライブしてきましたよ。
ドライブというより、車内ライブでしたけどね♪

とりあえず、最後に言いたいのは・・・アイマス最高!!!  
Posted by chronoss_shine at 00:38Comments(0)TrackBack(0)

June 25, 2012

アイマス7周年ライブ ライブビューイングでの参加1日目

それでは改めて書いていくとしよう。
その前に、横浜アリーナの詳細やセットリストについては、ここを参考にしてほしい。

何故かって?まず俺が詳細を書き出したらどうなるかは言うまでもないw
次に今回俺は※ライブビューイングで参加しているので、あくまで疑似体験の感想となる。

※ライブビューイング
→会場に行きたくても行けなかった方の為に、映画館などの巨大モニターでの視聴スタイル。
 有名なのではサッカーワールドカップの現地試合を国立の巨大モニターで応援したのもコレ。


本当ならライブビューイングではなく、勿論横浜アリーナでの応援がしたかったさ。
でも夜勤明けに発売されたチケットをちょっと爆睡している間に、売り切れなんてあんまりじゃないかっ!(血涙)
だけど運良くライブビューイングの存在を知り、何とか2日分のチケットを手に入れられただけでも
有り難いと今では思っている・・・

話は本題に戻るとして・・・いざ始まってみると、このスタイルに誰もが慣れなかったみたいで、
サイリウムを回したり声援を送るPの皆さんはいたけど、この日は席を立ち上がったりする人は
あまりいなかった気がする。これは後から聞いた話だけど、会場によってはサイリウム禁止の場所もあったらしく
そこに運悪く当たった方は、正直物足りなさを感じたのではないでしょうか?
結局慣れないスタイルの中、自分に出来たのは一緒に歌う事くらいしかなかった。

だけど勘違いしないでほしい。ライブビューイングで決して盛り上がれなかったわけじゃない。
むしろ曲が始まれば誰もが心が躍り、アイマスガールズの姿が映れば皆が強い声援を送る。
そこに”擬似”という言葉を感じる事はなかった。
そして、アリーナ側はライブビューイングを蔑ろにはしなかった。
アイマスガールズはカメラに向かって精一杯アピールをしてくれたし、話題にも出してくれた。
まさに「皆と1つになる」事をちゃんと目指してくれたんだ。これって結構嬉しい事なんですよ!
自分たちもちゃんとライブに参加してるんだと認識できるしね。
しかもライブビューイングは確実にアイマスガールズの姿をバッチリ捉えてくれる。勿論向こうの表情や涙の一滴だってそうだ。
だからこそ・・・あの瞬間心を大きく揺り動かされたわけなんだし。


唯一心残りがあるとしたら、アリーナで行われていた赤羽根Pの一本締めに参加できなかった事くらいかな!?  
Posted by chronoss_shine at 23:27Comments(0)TrackBack(0)