May 22, 2016

タイキ、忠告を無視して1人で「アイアムアヒーロー」を観てきた

※タイキは原作版アイアムアヒーローを読んだ事がない状態です。
 今回はあくまで映画版のみの話の上に、後半ではネタバレに触れるのでご了承ください。




数日前の話になるんだけど、久々に深夜のドライブがてら
レイトショーでの映画鑑賞に行った際に、前々から見ようと思ってたアイアムアヒーローを観てきた。
キッカケは別の映画を観にいった時の予告編(当時はまだ特報レベル)で大泉さん出てるし
何か面白そうだと思ったから。ただこの時に原作の有無を確認はしなかったんだよね。
だってそれやるとさ・・・原作アリの実写化=駄作の可能性アリという脳内式につながって
観る気なくしかねなかったし。(それだけ漫画・アニメの実写化が受け入れられるのは難しい。)
特報を見た限りではZQNというキーワードと主人公が銃を所持している事から
パニック映画だというところまでは推察できた程度だった。

最初は真田丸でも騙されたり振り回されてるお兄ちゃん(真田信之)とウザいきりちゃんの活躍は
どんなんかな〜くらいにしか思ってなかったんだけど・・・(タイキ家ではこのような認識w)
実際に観てみると、想像以上に怖くてグロいのに何故か笑えて、そしてカッコ良く面白い!
ただ怖いシーンも一応焦らして、来るぞ!と思ったタイミングで来るから備える余裕は一応あるので
不意打ちでのビビらせとかはあまりないのでご安心を(!?)
ただそれ以上に徐々に日常が壊れていく光景や、人間がZQNに変貌していく瞬間とか
このジャンルの映画ではお約束の生き残った人間が陥る狂気の方がよっぽど恐ろしいけどね。


海外での評判も良かったみたいなので、大泉さんの雄姿が見たい方は
是非観てほしい映画だね。少なくとも漫画原作の実写化作品としては大成功だったのではと
個人的には思ってる。そういえば同じ実写化でもテラフォーマーズは散々だったとか聞いたけど
実際のところどうなんだろう?

※ここからはネタバレありの本編トークに入っていきます。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 10:00Comments(0)TrackBack(0)