May 14, 2007

鳥(ネタバレあり)

この間久々の夜更かしをしていたら、ヒッチコックの「鳥」(字幕スーパー)を
初めて観たんだけど・・・めっちゃ怖っ!(滝涙)

ストーリーとしてはとある小さな港町に住む人々を
突然身近にいる鳥たちが群れで人間を襲撃するという話なんだけど
鳥たちの襲撃が徐々にエスカレートしていく過程が、実に恐ろしい。
最初はただ群れで外を歩く人々に攻撃を仕掛けるだけなのに
その次には暖炉から屋内に侵入したり、ガラス窓に体当たりしてきたり
終いには人々の住む家屋を破壊してまで侵入しようとする光景には衝撃を隠せない。
最終的にはこの鳥の襲撃によって死者まで登場してしまい、
人々の生活を大きく狂わせるほどまでに事態は最悪な展開を迎えてしまう。


ところでこの映画に登場する鳥たちがどうしていきなり人々を襲い始めたのか
登場人物や視聴者は最後まで分からないのがある意味怖い。
それどころか登場人物の中には、鳥が集団で攻撃する事は有り得ないとか
知能的にもそんな事は不可能だと、既に事が起きているにもかかわらず
そんな事を言い続ける人物がいるくらいだ。
これには観ていてちょっと腹が立つ事もあったけど、
今思えばその事実を信じたくない部分があったからなのかもしれないと思えたね。

とにかく鳥たちの襲撃が、環境を破壊し続けた人間たちへの怒りによる復讐なのか
あるいはバイオハザードのように何らかの理由で凶暴化した結果なのか
最後まで分かる事はない。
ただはっきりしている事は、鳥たちがバイオハザードに登場するカラス等のように
人間を見ては見境なく攻撃するのではなく、鳥たちの中でも
タイミングのようなものがあり、その時期が来るまでは刺激しなければ
攻撃は仕掛けてこないという事ぐらいしかない。
と言っても学校のジャングルジムや民家にまるでテリトリーのように
集団で陣取っている光景は恐怖を与えるには充分なものだけど。

最後にダメ押しとでも言うかのごとく、ヒロインたちが避難した家の屋根裏に
屋根を破壊して侵入していた鳥たちが、たった1人屋根裏に現れたヒロインを
一斉に攻撃して危うく命を奪われる寸前までに追い込まれるシーンがあるんだけど
これを見た瞬間、僕はちょっと鳥が怖くなりました。
て言うか命は助かったものの、精神崩壊にまで追い込まれたヒロインの姿が
強く印象に残ってしまって・・・

もともとバイオハザードのカラス嫌い(ゾンビ等のクリーチャー以上に)な
自分としては登場人物の1人も言っていたけど、
本当に世界の終わりを見た気がしました。まさに悪夢の光景ですね。

最後にこの映画を観た事がない方で、これから観ようと思う人は
ある程度覚悟して観た方がいいかもしれません。
下手なホラー映画よりもかなり効果があります。  

Posted by chronoss_shine at 02:19Comments(0)TrackBack(0)

June 21, 2006

「月のしずく」と「ビヨンド・ラブ」

6月20日・・・
この日は朝早くから目が覚めていた事もあって、ドライブに出かけたり
いつものように旅行代理店を回ってみたり色々とやる事が出来た。
しかも昼には寿司を食べる事も出来たし、実に満足な休日だった。
だけど結局次の日からまた普通に日勤なのがげんなりしてきちゃいますけどね・・・
それから恋キャバのテープを確認するついでに、久々に黄泉がえり
録画したテープを発見したので、ちょっとだけ見てみたのだがやっぱり地上波放送版だと
編集された部分があるのが嫌ですよね・・・

ところでこの黄泉がえりは映画版と原作では話が似ているようで
展開が違う事をご存知だろうか!?

映画では厚生労働省に勤める熊本出身のエリート川田 平太と密かに思いを寄せていた
死んだ親友の元恋人の橘 葵の2人のラブストーリーがメインだったが
その為か結局一体どんな理由で死者たちが甦って来たかは分からずじまいだ。
しかし原作では黄泉がえり現象を引き起こした「彼」という存在が
真の主人公として登場する。そして彼の語りや人々とのふれあいを通して得た感情を
静かに語っていく・・・

それ以外は映画同様に突然それぞれの大切だった人たちが帰ってきた事による
ドラマがメインとなるのだが、そこでは甦って来た人たちが
決して温かく迎えられるばかりではない。人によっては黄泉がえりに不安を抱く者もいれば
破滅の予兆だと疑う人々もいる。そして難病に苦しむ人たちが元気な身体で
黄泉がえり化出来るように、わざと自殺を図る人たちまで現れるようになっていた。
そして甦った人たちにも変化が訪れて・・・

そんな感じに熊本を舞台に物語は進んでいくのだが、
私はこの原作の方がストーリーとしては好きなんですよ。
特にある1人のファンの前に現れた伝説のアイドルとの恋愛模様なんかは
かなり気に入っていますよ。実はそのアイドルこそが映画版のRUIの
モデル的存在でもあるんですよね・・・設定は違うみたいだけど。

そんなこんなでこの日は久々にいくつかの文庫本を読んで過ごす時間もあったのだが
これから私の中で再び読書ブーム到来かっ!?  
Posted by chronoss_shine at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

June 05, 2006

ポセイドン(2006年)

【前回までのあらすじ】
アキバで大した事が出来ず1日を終えるのは資金的にも悔しいタイキは
川崎へと立ち寄るが、そこで戦隊ヒーローイベに遭遇してしまい
すっかり毒されてしまった・・・

いい加減立ち直らないといつまでも留まりそうなので(ギャラリーが普通にあった)
まず友人をからかいに行くが、今日は不在。仕方なく1回だけスリルドライブ3をプレイ。
結局はその店の1位記録を更新して終了。
次に太鼓の達人で久々にアイマスに染まり、これまた久々にタイキPが降臨。
THE IDOLM@STERが流れると、涙腺が緩む・・・だけど両腕がもうまともに動かんかった(笑)

次に書店へと向かったのだが、資格の本を探していたはずなのに辿り着いた場所は
アイドル写真集コーナーだった(爆)
Realizeイントロ風に動いてみたらこの結果だったので
本当救いようがないですね私って(苦笑)


さて・・・いよいよ本題に入ろうと思うのだが、何一つ目的を果たせていなかった私は
映画を観て帰る事を決意。候補としてはポセイドンか海猿とどれも船沈没系だったが
時間の関係でポセイドンを選択したのですが・・・
これ、なかなか良かったですよ。実は石丸SOFT1で久々に軽くだが
ポセイドンアドベンチャー観ててここでポセイドンも観る事になったのだが
この作品もパニック映画としては随分と迫力が出ております。

【映画のあらすじ】
ある年の大晦日(恐らく現代)・・・とある海上を1隻の大型客船が航海を続けていた。
その船の名は「ポセイドン号」海の神の名をつけられていたこの船で
新年を迎えようと乗りこんだ人々は束の間の平穏を楽しんでいた。
ところが新年を迎えてから数時間もしない内に海は津波となって
ポセイドン号に襲い掛かり、船を転覆させてしまう。
この事態に危機を感じた数名の生存者たちは脱出路を求めて動き出す・・・


今回は時代設定が現代となっており、人物設定も変わってしまっている。
メインとして出てくるのは、自分の直感を信じて行動するプロのギャンブラー・
元消防士だったNY市長とその娘カップル・シングルマザーとその息子・
ポセイドン号の設計士で自殺願望のあった老人・
弟の入院するNYへ行く為に密航した女性と協力者の乗務員といった感じだ。

そしてポセイドン号もかなり豪華になっている。
乗れた人皆なかなりの資産がある方ばかりであろう・・・
プールもあるし高層エレベーターもカジノもクラブだってあった。
これで転覆事故さえなければどれだけ優雅に過ごせた事だろうか!?

他にもリーダーの違いも要注目だ。
まず元祖では、船が沈んだ際に転覆してる事実を知った数少ない牧師が
スクリュー室を目指して1人でも多く脱出させようと活動するが
結局は最後の最後で犠牲となり死亡する。
一方今回のリーダーは2人存在する。
1人はプロギャンブラー。彼が自ら計算した結果、スクリュー室のプロペラパイプを辿って
脱出できると仮説を立てた事に対して、1人の少年がその可能性に賭けた事から
脱出劇が始まる・・・そしてもう1人はNY市長。彼は事故が発生した際に娘カップルと
別の場所にいた事から娘を救出する為にギャンブラーと共に行動しているが
基本的思考は牧師と同じである。

果たして彼らは全員無事に脱出する事が出来るのだろうか!?
その結果はどうか映画館で確かめてほしい・・・  
Posted by chronoss_shine at 00:32Comments(1)TrackBack(0)

May 27, 2006

今後の注目映画作品

ブログ創設からもうすぐ1年が過ぎるという事もあって
かつての記録を読み返していたところ、昨年の創設当時は
よく映画を観に行っていたので、今回観に行けるかは分からないが
私が注目している作品をいくつか紹介しよう・・・

1.ポセイドン
この映画はかつてジーン・ハックマンが神父役を務めたで有名な
「ポセイドンアドベンチャー」のリメイクデス!
ポセイドンアドベンチャーを初めて知ったのは、小学生の頃・・・
当時の学活時間にて(ホームルームのようなもの)うちの担任が
TVでやっていたポセイドンアドベンチャーを観て、
「これは自分の生徒たちにも観てもらいたい!」と思ったらしく
紹介してくれた事に興味を持った私が、
映画好きな父にも感想を聞いて、観たのですが
結構印象に残るんですよね・・・
今回はリメイクしたという事もあって、人物設定などが結構変更されているので
どういった感じにストーリーが進行していくかはよく分かりませんが期待は出来るだろう。
ちなみにポセイドンアドベンチャーには続編があるのだが、
こちらはあまり知名度は低いみたい・・・

2.タイヨウのうた
シャアさんのブログにて、試写会に出かけたとの記事を見たのをきっかけに
色々と調べてみたところ、かなり「泣ける」映画らしく興味を持ったので
この作品も私的には要チェック!
どうやら「XP(色素性乾皮症)」という病気で夜にしか外を出歩けない少女
サーフィンをするのが好きで日焼けした少年との恋愛ものらしいが
彼らがどのような純愛を繰り広げるかは、結構興味あります。
ここ最近涙もろい私が観たら恐らくヤバイ事にはなると思います(爆)

3.着信アリ final
ついにこの作品も完結編を迎えたようデス・・・
まぁ某ホッケーマスクの殺人鬼シリーズのような例外もありますが(笑)
あれ完結編と1度は言いながら普通に続編を出し続けましたからね・・・
話は戻って今回は韓国で死の着メロが鳴り響く。
しかも今回はその死の着信を誰かに転送すれば命は助かるらしく
この要素が引き起こすサバイバルホラーが今回の映画の売りとなっているらしい。

そういえば「リング」ではビデオテープを他人に見せても、
助かるとは限らないんですよね。だけど今回のこの作品では助かるみたいだけど、
今回もちゃんと生存者残るかな!?
もっともこのシリーズだと一見助かったと思える人物も死んでる可能性高いから微妙だな・・・  
Posted by chronoss_shine at 01:14Comments(2)TrackBack(0)