May 17, 2015

タイキ、スパロボZシリーズの思い出を振り返る(後編:第3次Z篇)

前回は過去作品のついて少し書いただけで、読むのが億劫になりそうな長さになりかけたので
今回は第3次Zの話中心に書いてみたいと思う。

・第3次Z時獄篇の思い出
またしても時空振動が起こったと思ったら地球の相対時間が停止する”時の牢獄”に嵌ってしまった世界を
修復する為に時の牢獄を破壊する戦いに挑む事に・・・ってスケールが凄い事にw
後は遂に声付きで参戦したフルメタルパニック(しかし戦闘アニメは何か物足りない感じに)
正直アーバレストよりもボン太くんメインで使ってました。
ガンダムUCも参加したのはいいけど、原作設定上バナージしかユニコーン乗れないせいか
ユニコーン弱かったのは頂けない。(その反面敵側であるフロンタルのシナンジュ強すぎw)
後はこの作品からカスタムBGMが使用可能になったので色んなBGMを試してプレイしてた。

タイキのBGM例 主人公ヒビキ君の場合

ジェニオン(初期機体):Phantom Blue(湾岸ミッドナイトMAXIMUMTUNE3サントラより)

ジェニオン・ガイ:Destination Blackout
           (湾岸ミッドナイトMAXIMUMTUNE2サントラより。個人的には1のバージョン方が好き)

マキシマムブレイク:THE BUSTER!
            (PS2ゲーム”SIREN”の異界ジェノサイダーSDKでおなじみ恐怖ブレイクBGM)


そして何より時獄篇を語る上で欠かせないのが、きれいなシャア大佐だろう。
(迷いを振り切ったシャア・人の心の光を信じたシャアとも言うべきか)
今までのスパロボでのシャアといえば、クワトロとして味方だったり、シャアとして敵で出たりと
キャラクターの都合上立場がころころ変わる事が多く、スパロボでクワトロの名前が出る度
裏切る裏切らないで話が盛り上がっていたのだが、今回は時空修復のキーパーソンとなる上に
シャアVSフロンタルという赤い彗星の対決が見れる事から、かなり熱い!
(ライバルのアムロでさえ、本作のシャアの事は信じられるレベル)
だけど原作同様シャアが絶望しなかった理由としてはやはりクワトロとして過ごしてきた日々で
出会った人たちの影響なんだろうね。(ガンダムWのトレーズ閣下やコードギアスのゼロetc)



あ、そういえばこうなった影響もあり閃光のハサウェイフラグは見事にへし折れた模様。
個人的にはΞガンダム参戦少しだけ期待してたけど、クェス死なないし普通に仲良いし
鬱フラグ自体立たないからノア家の悲劇がなくなったのはファンとしては嬉しいかな。
ハサウェイの戦闘BGMは閃光のやつ使ってたけどね。
(後述の天獄篇ではまさかのハサウェイをフル改造ターンAに乗せて月光蝶で大暴れさせてましたwww)

話は変わるが今回アンチスパイラルがラスボスになったのはいいけど、
まさかの原作通り上川さんノリノリで収録してるとは正直びっくりした・・・けど参戦激しく感謝。
グレンラガン繋がりでもう1つ。流石にキタン生存フラグは無理だったか・・・
自軍で使いたかったキングキタン・ギガドリルブレイク(泣)

さていよいよ天獄篇について書こうと思うけど、ここから流石にネタバレする可能性もあるので要注意。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 19:00Comments(0)TrackBack(0)