January 26, 2015

続・シンデレラガールズについて語ってみる(アニメ版)

昨日は何かデレマスと自分の距離感についての話で終わってしまったので
今回はデレアニ(アニメ版の事ね)に焦点を当てて書いてみたいと思う。


まず放送が始まったのは1月になってすぐで、これを書いてる現時点では3話までの放送が完了している。
だが出だしは好調だったようで、周囲では今期で最も期待できるアニメではという声も聞く。
実際に自分もアニメ版欠かさずチェックしてるけど、アニマス同様結構楽しんで見てる。
今回のデレアニは結構アニマスを意識してるのか敢えて765プロ(アニマス)と346プロ(デレアニ)を
比較出来るような展開になってるんだよね。

例えば、765プロはアニメ開始早々は貧乏弱小プロダクションだが、346プロは大手プロダクションであるし
1話の展開の進み方もアニマスとデレアニでは正反対と言ってもいい。(公式もそのような事を言ってたらしい)
そして登場するプロデューサーのタイプも違う。
序盤時点では比較的接しやすく感情表現も豊かで自らアイドルと接しつつ事態を乗り越えていくタイプだが
まだまだ未熟な所が多い赤羽根P
。(声優が赤羽根健治さんなので)
その一方で、第1印象こそ愚直で寡黙だが、強面な見た目で1話では警察のお世話になりかけたりもしたが
あくまで裏方に徹する事を心がけ、他人を動かして最適なサポートをする有能な武内P

その違いっぷりはシナリオを追いかけると分かりやすい。
しかしやってる事は結構同じだったりするんだよね。
・1話ではアイドル・Pの紹介(但しデレアニではスカウトからスタート)
・2話では宣材写真の撮影(どちらも最初はうまくいかず、成功させるまでのプロセスがポイント)
・3話では初の大仕事(アニマスでは降郷村でのライブ、デレアニでは先輩アイドルのバックダンサー)

現時点ではデレアニの方が階段のかけ上がりっぷりが凄いけど、今後も期待して見ていきたいね♪
て言うか序盤からライブシーンとかめちゃくちゃ熱くなるっつーの!
フライドチキンから後はまるで俺も観客としてその場に居たかのように盛り上がってしまい
興奮のあまり普段飲まない酒を飲みながら、何度も見返してしまったじゃないかっ!!

感想はここで纏めきるのは多分無理なので、次の話題に行こうと思うけど
デレアニの話題と言えば、やはり欠かせないのがプロデューサーを演じた声優の武内君についてだよねw





詳しくはリンク先のニコニコ大百科に書いてある通りなのだけど、当然自分も武内Pのプロフ知った時には
大層驚きはしたけど、それ以上に好感が持てたのは確かだ。
だがまさかTwitterでトレンドに残り続けるほどの注目と熱烈大歓迎を受けるとは思わなかった。
1人の新人声優(重低音イケボなリアルガチ17歳高校生)としては大出世間違いなしだろう。
まさにシンデレラボーイな武内君。皆もそうだろうけど最近は武内Pで色々とネット見るのが楽しくてたまらんww
声優としての仕事だけじゃなく、今後の進路の事とかも含めて頑張ってほしいなと思う。
自分の時は殆ど進路なんて選べなかったと言っていいから余計にね(泣)
後は次のデレマスライブに来てほしいなぁ〜あ、でも労働基準法的にはどうなんだろうなぁ・・・
何とかして出るんだったら運パラメータ全振りでチケット争奪挑んでやる。(これでも結構抽選運は強い方)

でわ今日のところは一旦ここまでにして、最後に色んな意味で今後が期待できる事を
確信した動画をリンクしとくwww
  

Posted by chronoss_shine at 03:14Comments(0)TrackBack(0)