September 10, 2018

タイキ、劇場版のんのんびより ばけーしょんを観に行ってきた。

前回あんな記事を書いておいて今回これかよ!と思うかもしれないが
正直自分でもそう思ってる(苦笑)
だが今回の話は一時的とはいえ、頭をまっさらに出来るエピソードになった話だから
ありのまま書いてみたくなったから書いてみる。


そもそも「のんのんびより」とはWikipediaを引用すると
”とある田舎の学校「旭丘(あさひがおか)分校」に通う生徒たちの日常を描いたコメディ漫画”
原作のアニメであり、ばけーしょんはそのアニメの劇場版である。
上記の説明通り日常系アニメにカテゴライズさせる作品であり
特別大きな変化のあるアニメではない。
この劇場版でもそのスタンスは変わらず、ぶっちゃけちゃうと
レギュラーメンバーが田舎を飛び出して沖縄旅行に行ってきたよというだけの話なのだ。
(しかもドラマCD+部分的だがTVアニメ版でも触れてる話であり
 旅行の具体的な内容をオリジナルエピソードを追加した話らしい。)

これだけ言うと一体どこが面白いんだって話になるんだけど
タイキにとっては数少ないお気に入りアニメの1つなんです。
(他にはアニマス、SideM、うさぎドロップ、シュタゲ、ぼのぼの、けもフレ
 シュタゲを除けば穏やかな話を好む傾向あり)

のんのんびよりを知った切欠は、ミリオンライブの演者の1人である
こっこちゃんこと小岩井ことりさんの代表作を調べた事なんだが
話が長くなるので要点を絞ると・・・

こっこちゃん→宮内れんげというキャラクターを知る→「にゃんぱす〜」という挨拶に心惹かれる
→駄菓子屋(加賀山楓)とれんげの触れ合いを見る→尊さ測定器5000兆点

といった感じでハマったので、キャラクターの中では駄菓子屋が1番好き。
(駄菓子屋とれんちょんのエピソードはハズレなし神回だと思ってる)

ち・な・み・に

この一条蛍って子マジ小5かよ!→CVはりえしょん!?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
→ミリオンの松田亜利沙じゃん!役柄全然違い過ぎてすげぇw(゚o゚)w オオー!
→実はほたるん、クレイジーサイコレズに目覚める→あっ・・・俳協の最終兵器本領発揮か

なんてリアクションが忙しかった記憶がありました(苦笑)

さて本編の話はここまでにして、ここからは多少劇場版の話を
ネタバレ前提で書いていこうと思う。と言っても殆どドラマCDでバレバレなんだけどね。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 07:30Comments(0)

July 09, 2016

タイキの近況、いつも通りのはずなんだけど・・・(動画編)

デレステやって艦これやってと並行してやってたとしても、スタミナや資材が切れる時間帯は必ず出てくる。
そんな合間の時間潰しとしては、よく動画を見る事が多いんだけど
最近は笑点の大喜利動画ばかり見てたりする。
何故かと聞かれると説明できそうで出来ない感じなんだけど、要はストレスと抱え込む闇を
一気にブッ飛ばせるほど笑いたいと思った時に、真っ先に思い付いたのが笑点の大喜利だったんだよ。

結構ネット上に昔のも含めて転がってたりするので、ネタには困らない。
て言うか不思議な事に、笑点の大喜利って冷静に分析すると、何だかんだ結構同じような事ばかり
やってるんだよね。だけどさ・・・何度も同じ場面を見てるのにその度に笑えるのってなかなかないんだよね。
笑点メンバーの罵倒(主に紫と緑の攻防)、橙と赤の弄り、大月秩父代理戦争、黄と緑&観客のダジャレバトル
タイキが幼少期のころから繰り広げられてるお馴染の光景だけど、本当いつ見ても笑える。
そういえば歌丸師匠が最後の司会をやって、全員ジェノサイドで終了したあの回以降のやつ
まだ1回も見れてないんだよね。一応昇太師匠が司会になって
新メンバーに林家三平師匠が加わった(個人的には未だいっ平のイメージがw)位は知ってるけど・・・

一方で大喜利ばかりで、本来の落語はどうなんだと聞かれると、正直結構興味あったりする。
だが聴きに行く機会はなかなかつくれてない。1度だけ学生時代の社会科見学だったかのイベントで
落語を聴く機会があったんだけど、その時に初めて現代落語を知って結構面白かった事は覚えてる。
残念ながら内容は忘れてしまったけどね。

落語を聴きに行くだけなら、意外にお手頃な値段で行けるらしいから
1度本格的に聴きに行くのもいいかもしれないと思い始めてる。
落語のCDを借りて聴いてみるのも良いかもしれない。
(ただその時は稲川淳二の怪談CDもあったら興味本位だけど聴いてみたいw)
ただそう思い始めたきっかけが、まさかの飲みM@Sだったりする。
ホント飲みM@Sって色んな人が集まるんだよね・・・皆して色んな事知ってるなぁ〜
て言うか俺が世間を知らな過ぎるだけか・・・(泣)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 09:00Comments(0)TrackBack(0)

December 24, 2015

タイキP、SideM1stライブに参加してきた

シンデレラの舞踏会が終わってから僅か1週間後の2015年12月6日・・・
男性版(女性向け)アイドルマスターと言えるSideMの1stライブが開催された。
そしてこのライブが2015年最後の公式イベント(ライブ)となった。

今回も現地参加ではなくLVでの参加だったんだけど、今回に関してはチケット争奪戦が特に激しく
CD何十枚積んでも当選できない人もいたとの話もあった事もあり、参加できるか微妙だったんだけど
何とか映画館の最後列とはいえLV参加出来た事がとても有難かった。
残念ながらタイキが推している麗君や咲ちゃんは参加どころかまだ声すらついていないので
参加してはいないのだが、Jupiter(アイマス本編での765プロのライバルユニット)誕生から
5年目にして悲願の初ライブという事もあり、込みあがる思いがあった。
自分は9.18事件に直接遭遇したわけじゃないし、意図的に触れようともしなかったけど
もともとJupiter自体は嫌いじゃなかったから、晴れ舞台に立てる事はとても嬉しく思ってたんだ。
あと気になってたのは、やっぱり参加してるPの層だね。(特に男女比率)
自分が行った地元映画館は、男女共に半々くらいな感じだったけど、席は両端女性だったから
どんな感じになるかなとか考えてたけど、そっちは全く気にする事はなかったね。
※今回もセットリストはアイマスDBさんのリンクを参照願います。

・・・普段のライブとは違う光景がそこには広がっていた。
黄色い声援の強さ、それに負けない位のコール
そして感動・感激による涙腺崩壊・嗚咽・崩れ落ちるたくさんのP

SSAライブの時のとまっちゃんのサプライズゲストの時以来の風景だったな。
Jupiterが報われた瞬間は自分だってボロボロ泣いてた気がするからその気持ちはよく分かる。
(特に今回のライブ唯一のバラードであり1番楽しみにしてたPlanet scapeの時はヤバかった)
それ以外にも自分の担当の番が来ただけで泣き崩れる方もいた。

その一方でパフォーマンスも男性アイドルという事もあって魅せる動きもあって
結構楽しかったな(S.E.Mに至ってはあまりのダサかっこ良さに思わず笑える位・・・勿論褒め言葉だよ!
言いたい事は色々あるけど、とにかくまず言うべき事は、控えめな表現でも1stライブマジ315(最高)だった!  
Posted by chronoss_shine at 00:31Comments(0)TrackBack(0)