December 11, 2006

もはやカブトはマイブーム!?(12/10放送分感想)

奈央ちゃんのイベントから帰宅して、録画した仮面ライダーカブトを見たんだけど
今回、めっちゃカッコ良いじゃん!ぼっちゃまもカ・ガーミンもやさぐれな兄貴も
を見せましたねぇ・・・思わず見てる私も熱くなっちゃいましたよ!

その一方・・・「弟」の方は念願が叶ったみたいだけど、懲りないね彼は。
あれでは進歩が見られないではないか!それでも彼を見捨てない(!?)
ザビーゼクターは寛大なのか愚かなのかよく分からないけどさ・・・
だけどよくよく考えたらザビーゼクターってプライド高かったんじゃなかったっけ!?
資格者があんな感じでいいのかなぁ・・・?


とまぁこんな感じで見てる人にしか分からない事を書いてしまったのだが
ここまで私がカブトにはまり込んだきっかけは、実は前に観た劇場版以前なんですよ。
会社や自宅でたまたま暇潰しでネットを見てる時に、番組ページのあらすじとかを
読んでて今の仮面ライダーってどんな感じなのか気になってたんですよ。
まぁこれも特撮が好きになったハリケンジャーが何気に影響してるんでしょうか?

とにかくそんな感じで1度気になった私はあの劇場版を観に行った訳なんですよ。
ただ・・・実際にカブトを見たのはあのガタックが誕生した回からなんですけど。
あれも個人的には悪くなかったなぁ・・・奈央ちゃんのイベント行くまでの準備の合間に
たまたま見てただけだったんだけどね。

前にも書いたかもしれないけど、本来特撮にはまるであろう年の時は
不思議とテレビもバラエティ番組(みなさんのおかげです等)を見て育ったから
仮面ライダーよりも仮面ノリダーの方に盛り上がってた少年だったので
遅咲きの特撮大ヒットとなったのかもしれませんね・・・
だけど意外にもハリケンジャーと同じ戦隊物であるボウケンジャー
ピンと来なかったんですよね何故か。
まぁ内容が単純明快すぎるからという事もあるんだと思いますが。
(ネタは違うが、同じ単純明快という意味では水戸黄門も好きではない)

とにかくそんな訳で仮面ライダーカブトにはまっちゃいました。
過去の仮面ライダーとかも調べてみたんだけど、今の時点で見たらはまりそうなのは
555(ファイズ)ですかね!?(この作品も結構大人向きだと聞いたもので・・・)
だけどそんなカブトもあと1ヶ月ちょっとで終わっちゃうんだよね・・・
DVD出るんだったら借りて見直したいけど、最初から見る気にはなれないかな。
理由は言い出すと長くなりそうなので・・・まぁ色々あるんですわ。

そして次回はぼっちゃまメインなお話になりそうだけど・・・
死んでほしくないなぼっちゃまにはマジで。
彼には是非「ミサキーヌを守る事において頂点でい続ける男」であってほしいんですよ!
それにしても擬態天道が流石に何だか気の毒と言うか、かわいそうに思えるのは私だけ!?  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 03:34Comments(0)TrackBack(1)

August 13, 2006

映画レポ 劇場版カブトの場合

思ったより感想書きが長引いてしまったので、ここからはカブトに入ります。
実を言うとちゃんとした仮面ライダーを見るのは、小学生以来となるのだが
(夏休み限定再放送でV3を見たのが最後だったはず)
正義の系譜スーパー特撮大戦2001などで知識だけはあったのだが
まさか今の仮面ライダーがここまでのスケールの話になるとは思わなかった。
何せ今回では宇宙に飛び出しちゃってるしね・・・
(仮面ノリダーは違う意味で宇宙に行っちゃったけど。)
そして仮面ライダーの劇場版は大抵はパラレルワールドでの話らしく、
今回も本編とは違う内容だった(事前に本編のストーリーに関して軽く調査済)
だが見方によっては、後に本編に繋がるようにも見えるので
どうなっているのかは謎ですな。

・あらすじ
1999年に地球に衝突した巨大隕石によって、地球上の海は干上がってしまい、
地球外生命体・ワームが侵入してしまう。
(本編では渋谷に隕石が落下し、渋谷の壊滅のみで終わっている)
人類はワームから己を守るべく「ZECT(ゼクト)」を組織する。
ゼクトはワームに対抗するために「マスクドライダーシステム」を開発し戦場に投入。

それから7年後の現在・・・ゼクト内で内部分裂が発生し、
「NEO ZECT(ネオゼクト)」が誕生する。
これにより「ワームvsゼクトvsネオゼクト」の三つ巴の戦いに発展していく・・・
(本編ではネオゼクトは登場しない)
そんな折、巨大な氷の塊である彗星が地球に接近する情報をつかんだゼクト。
この彗星を地上と宇宙を結ぶ軌道エレベータにつながる宇宙ステーション内に設置された
巨大なクロックアップ(後に紹介)マシンを利用して地球へ接触・融解させる事で
大量の水資源を得ようとする「天空の梯子計画」を発令するが、
この情報を掴んだネオゼクトは計画の乗っ取りを画策する。

素人の私にはこの情報だけでは一体何がどうなっているのかよく分かりませーん!
しかし実際にストーリー上で様々な思惑等をきちんと探ってみると、
それなりに目的は分かる。この時点であまり子供向けの作品ではないと私には思えた。
それとも今の子供達は、皆こういった内容がよく分かる利口な子ばかりなのだろうか!?

  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 01:06Comments(0)TrackBack(0)

映画レポ ボウケンジャーの場合

前回も書いたように、映画館で今回は劇場版仮面ライダーカブト+ボウケンジャーを
見てきたわけなのだが、その詳細について書いてみよう。
まず全体的な印象(特にお子様観察)だが、個人的には2本立てとはいえ
休憩時間を挟む必要があったのか気になるところだ。
まぁ見るのは殆ど親子連れになるのだろうから、彼ら特有の事情等もあるのかもしれない・・・
そして私が予想していたバ・・・いや必要以上に騒ぐ子は殆どおらず
むしろ上映中は静かにスクリーンに目を向けて鑑賞していた。

そして驚いた事に、たまたま通路側の席を座っていた私の横を通ろうとする子供達は
皆元気よくすいませんと言って通る子たちばかりで、
中には頭を下げて席へ向かう子もいた。

まぁ・・・今時のお子様たちは、何て礼儀正しいざましょう!とすっかり感心してしまった。
世の中虐待など親となった大人の無責任な対応のニュースが流れていく中
こういったしっかりした教育をしている親たちもいるんだと、
将来に希望を持つ事が出来ましたよ!!
むしろそんな子供たちを私たち大人は見習わないといけませんよね・・・
(こんな事、まだ20代の仲間入りしたばかりの男が思う事だろうか?)

いよいよ映画自体の感想に入ろうかと思いますが
なるべくネタバレにならないように努力はして見ます・・・

・あらすじ
ボウケンジャーは、今までの特撮とはちょっと違い
地球上に存在するプレシャスと呼ばれる古代秘宝を守り、
保護する事が目的の戦隊ヒーローである。

(プレシャス自体に危険性がある為、使い方次第では世界を滅ぼしかねないらしい)
そんな彼らはプレシャスを狙うネガティブシンジゲート
(複数の組織が存在する為、纏めてそう呼んでいる)
と日夜戦い続けているのだが、ある日1つの岩山が表れ、そこからミューズと名乗る者から
「私の元へ最初にたどり着いた者にプレシャスをお渡しします」等と言いだした事から
ボウケンジャーとネガティブシンジゲートのプレシャス争奪戦が
いつものように始まってしまうのだが・・・
ミューズのいる岩山にはいくつもの危険が待ち構えており、
そして何故かその岩山を目指す1人のハンターの姿もあった。

まぁこういった感じです。劇場版という事もあって、
確かにTV本編1話分よりかは長いのかもしれないが
展開的にはあっという間だったし、何だか物足りない感じで終わってしまった。
まぁこれに関してはボウケンジャーに関する知識が全くない事にも
原因はあるかもしれないが、とにかく実にあっという間に話が終わってしまった事が
カブトと比べるちょっとね・・・という印象になりがちだ。
そして、私的にはボウケンジャーはハリケンジャーの時よりも
特に何かピンとくるものはなかった。
好みの娘がいない戦隊シリーズは、やはり入れ込みにくいのだろうか!?(苦笑)
だけどハリケンジャーの時は、見てて結構笑える部分もあったしなぁ・・・
(例 霞兄弟の暴走・某赤い彗星ネタ・ハムちゃんetc)  
Posted by chronoss_shine at 00:59Comments(0)TrackBack(0)

June 08, 2006

好奇心、タイキを壊す(ある意味手遅れwww)

6月8日・・・
今日は今週唯一の休日という事もあって、何をして過ごそうかいつもなら考えるところだが
今日だけは既に決めてあったので、その通りに過ごす事に・・・

,劼燭垢蘓臾押
黄金騎士 牙狼(GARO)+スパロボやり込み
ハリケンチェック 最終回

そう、この3つだったりします。今日は珍しく自ら家に引きこもり過ごす事に決めて
資金節約+体力回復に回す事を考えていた。

まず,亡悗靴討蓮∈鯡覽宅してからすぐさま眠りについた事もあって
約9時間眠る事が出来たのだが、それでも物足りないような気がしていたのだが
1度目覚めてしまった以上、再び眠りなおすのも困難だったので
結局そのまま1日を過ごす事にした。
それにしてもまさか人間が眠るべき十分な時間眠っても物足りなく思えてしまう
自分の身体が少し恐ろしいな・・・だってまだ私20歳ですよ!?
本当に身体弱かったんだと改めて自覚せざるを得ないよなぁ。
今だって何だか身体の調子がいいとは思えないし・・・

次に△亡悗靴討世、結局買っちゃった。
全てはスカひらイベを断念して、ちょっとした幼児退行した4日まで遡る。
実はあの日、ポセイドンをチェックした後も私の物欲は高まる一方だった。
私の周りに次々と現れる魅惑の商品の数々・・・
奈央ちゃんや優ちゃんの写真集だったり、ハリケンやイメージDVDだったり
色々あったのだが、結局何も買わずに最寄り駅まで帰ってくる事が出来たのに・・・
全てはある古本屋に立ち寄ってしまった事から、事態は大きく急変してしまった。
そこにあった牙狼は何と4000円を切っていたのだ。
あまりの安さに即財布に手を伸ばしてしまったのは仕方がないとその時は思えた。

だが問題は牙狼を購入した後も続いていた。
何とその古本屋で新作ゲームのキミキスを見つけてしまったのだ!(爆)
実はこのキミキスを知ったのは、奈央ちゃんのイベントでアキバに出かけた際に
知ったのだが、何故かこのゲームに興味を持ってしまい、ずっと気になっていたのだが
ここに来て好奇心大爆発!めちゃめちゃ欲しくなった私だったが、
幸い既に財布の中にはそれを買うだけの資金は残っていなかった事。
4日が日曜だった事
(ATMで手数料をぼったくられる)もあって、購入は回避できたが
もしあの時牙狼より先にこれを見つけていたら、こっちを購入していたに間違いない。
今はまだ比較的冷静な思考を取り戻しつつあるので
資金下ろしてまで購入する気はないが、いずれはプレイする事になるだろう(核爆)
だがもしこれの存在がファミリーにバレテーラしちゃったら、
いくらギャルゲー大好きな妹たちでさえドン引き間違いないだろうなぁ(悩)
  
Posted by chronoss_shine at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

June 04, 2006

自分のダメっぷりが成長したと自覚した瞬間

アゼリア
【前回までのあらすじ】
今日はAKB48のイベントだと期待に胸を躍らせつつ会場へ向かうと
既に整理券はなくなっていた事にやる気を失ったタイキ。
秋葉原で特に買う物もなかった彼は京浜東北線に乗りこみ、帰宅しようとしていた。
そんな彼にハプニングがっ!?

・・・嘘デス。そんな電車男のような展開になんかなりません。
て言うかそう簡単になってたまるか!
現にいたのは何か死刑執行に対して訳分からない事を車内で独り
語っていたちょっと危なめの人しかいなかったわい!!
ただ話の内容は気持ちのいい話ではなかった事は確かデス。
いくらなんでも非常識にも程がある。電車内でそんな不快な話をされても
誰だってソイツの賛同なんてしてやろうと思わないだろう。

そんな不愉快な出来事がありながらも、このまま帰るのも何だか嫌だったので
いつものように川崎へと寄り道する事に・・・
最初は久々に映画でも観て友人からかって帰ろうかとアゼリア(駅前地下街)を歩くと
どこからか聞き覚えのある曲が流れてきた。
曲がハッキリ分かってくるほど、私のテンションは大いに上がる!
まさかとは思ったが(かつてここで時東ぁみのイベントあったし)
何とアゼリアでスーパー戦隊30作イベント(主に轟轟戦隊ボウケンジャー)
真っ最中だったのだ。そしてそこから聞こえてきてたのは
OPの「轟轟戦隊ボウケンジャー」だった・・・
当然その場に留まりガキンチョ共お子様たちの横で盛り上がる20歳の社会人。
でも今回不思議と子供連れの主婦と若い女の子たちしかいなくて
いるだろうと思っていた特撮ヲタとかがいなかったのが不思議でしたね。
(おかげで私が異質に思われてしまったではないかっ!)
その後はステージ横のモニターからスーパー戦隊主題歌特集DVDが公開されていたので
最初から鑑賞。嶋大輔・西村和彦・照英・ケインコスギ・永井大・金子昇・塩谷瞬etcが
登場するたびに「この人特撮出てたんだ!」と驚く大抵の女性方に混じって
「普通にそんな事知ってた」私は特にリアクションする事なく、時を待ち続けた。
そしてDVDが「百獣戦隊ガオレンジャー」まで行ったのを確認すると
私はこれまたお子様たちと一緒に主題歌斉唱(爆)
ちなみに私が知ってるのはガオレン・ハリケン・アバレン・ボウケン(ちょっとだけ)だが
全部口ずさんできました。
後で思いましたが自分の精神年齢がまた一段と下がった事を実感しましたね・・・(苦笑)
だけど、楽しかったなぁ!(核爆)

【本日の戦績2】
ROUND3
 タイキ VS 爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー
・お知り合い曰く、奈央ちゃんの魅力を再確認出来る作品だとか・・・
特撮熱がここ最近強いタイキは遂に財布に手が伸びるのかっ!?

<結果>
WINNER
 タイキ

・勝因
まだハリケンチェック最後まで終わってないからスケジュールが狂うし
約4800円はちょっとねぇ・・・  
Posted by chronoss_shine at 23:47Comments(1)TrackBack(0)

June 01, 2006

我慢の月もいよいよ終わり・・・

5月31日・・・
遂にこの日で我慢の月も終わりを迎える。
ちなみに今日は特にハプニングもなく順調に出勤する事が出来たのだが・・・
同じオフィスの新しく入ってきた新人さんがふと私に声をかけてきた。
一応言っておくが私はその新人さんとの接点はないはずだったのだが
どうやら私に話しておきたい事があったらしい。
「自分が何かやらかしました!?」とか冗談半分に言いつつ話を聞いてみる事に・・・
簡単に纏めると「自分も特撮を見ている者ですよタイキさん」と言われたのだ。
何故に自分の職場で本名でなくこの名前が!?ちょっと動揺してしまいましたよ。
どうやら「タイキ」に関しては「天の声」で知ったとの話でしたが、
天の声の正体・・・いや容疑者の見当は大体ついている為、それ以上の詮索を止めた。
だがこれによりその新人さんは私との接点が出来た事になり
私自身の人脈拡大の1歩を新たに踏み出す事が出来たのはとても有難かった。
そういう意味もあるし、ある程度なら煽り慣れしてる私としては
別に深くは気にしていない。

ところで私に関する事でちょっとした勘違いをしてるみたいなので
いくつか紹介しておこうと思います。(特に職場関係者向けwww)

1.タイキの休みは全てイベントの為!?
勿論そんな事はありません。ただし土日の休み取得の為に動いてる時は
大体それで正解だと思います(苦笑)


2.タイキは確信犯!?
実はうちのシフトで間違ったエピソードが広まっているらしく
未だに3月の「SEVEN」リリースイベントでのあの事件に関して「確信犯説」を
疑い続けているらしく、出勤すれば高確率でこの話が浮上してくるのですが・・・
何度も言いますが、アレはおもいっきし事故デス!
お願いだからもうここでクローズさせて・・・

3.タイキは特撮マニア!?
これも違います。むしろ今回のハリケンとちょっと前に見てた牙狼が
特撮デビューと実に遅咲きなタイキデス。
確かに特撮っても色んな見方ができるから結構面白いけど
あくまで今はまだファンレベルですよ!

このブログやここ最近の活動のおかげで、話題の種となりつつある私ですが
今後も皆さん宜しくお願い致します・・・
尚、くれぐれも私という人間を大きく誤解されかねない言動だけは勘弁願います(泣)
一見変な人間に見えるかもしれませんが、これでもまだ一般ピーポーですよ!
(何だか職場では、ある種の極めた人みたいなイメージらしい・・・)  
Posted by chronoss_shine at 12:42Comments(0)TrackBack(0)