September 19, 2017

続・タイキP、もうどうにでもな〜れ〜状態に陥る

人間は過ちを繰り返す生物である。
自らが過去から何も学習せずに失敗する自業自得もあれば
結果的にそう繋がってしまう形の失敗もあるだろう。

ここにも1人、過ちを繰り返したアホ男がいる。
かつて休日にミリオン3rd幕張公演の円盤を観てたら、
気が付くと祖母や姪っ子ちゃんと一緒に観てたなんて事になり
最終的に妹からのSEIZA→SEKKYOUコースに繋がったという喜劇を起こした。

・前回のおはなし
http://tnaga-nms.ldblog.jp/archives/51992457.html

あれから約半年の月日で、タイキはやらかしてしまったのだ。
よりによってP活動否定派の中心である父親と一緒に円盤視聴するという事件があった。
しかも今回はアイマスはアイマスでも、SideMセカライ(2ndLive)である。





どうしてこうなったかの説明は長くなりそうだからあえて省略するが
とにかく何故かタイキと父の2人でセカライの円盤を観る事になった訳なのだが
普段の父の場合とセカライの父ではやけにリアクションが違う・・・

【普段(いつのもアイマス)の場合】
父「また、アイドルなんとか見てんのか!ゴルフ見たいからチェンジ!!」
タ「あ゛ぁ゛!?」

※タイキと父は趣味こそ相いれないものの、仲は良いのでじゃれ合い程度にご想像ください。
 決して険悪だったり寺内貫太郎一家みたいな事はありません。

【セカライの場合】
父「・・・・・ナニコレ?これどういうコンテンツなの??」
タ「普段から見てるアイドルマスターの男性アイドル版でSideMっていうんだけど・・・」
父「ふーん・・・女の子の中に結構男もいるんだな(観客の話)」
タ「基本女性向けコンテンツなんだけど、SideMの場合は男性にも人気があって(以降概要説明)」
父「ふーん・・・本当に男性しかいないんだな。女1人もいないの!?(声優の話)」
タ「1人だけ女性いるよ(涼ちん役の三瓶さんを指す)ちなみに全員声優さんね」
父「全員声優なのかよ!最近の役者はやる事多くて大変なんだな。」
タ「そうみたいだね・・・」

それからというものの、ヲタク文化に否定的ではあるものの
コミケを知ってたりそれなりに知識はあるようで少し驚いた。
尚、書いてある通り声優さんたちの頑張りっぷりには好意的印象だったようです。
(仕事は仕事とキッチリ割り切って考えるタイプみたい。)

セカライについては結局どうして止める事無く最後まで観てくれたのか
何だか真相は未だに聞けていない。

最近の地上波に全く興味なく暇つぶしで見てただけかもしれない・・・
(カラオケバトルとか鉄腕DASHとかイッテQは見てた)

家族カラオケでもやった曲があったから、気になったのかもしれない・・・
(SideM以外にも気になる曲があったみたいだし・・・
 ちなみにタイキ母は、なぜかS.E.Mの曲覚えようとしてるw)

日頃頭ごなし否定しがちだっただけに、たまには向き合おうと思ってくれたのかもしれない・・・
(タイキの願望であって、1番可能性ないと思ってるけどw)

とにかくまさかとは思うけど・・・あれ?もしかして意外と興味あったりする!?  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 15:15Comments(0)

September 25, 2014

思い出に残るゲームねぇ・・・

何かブログネタに「思い出に残っているゲーム」を教えてくださいってあったから
今回はいくつか話題に上げてみようと思う。

1.FC版ゴルフ・マリオゴルフ64・みんなのGOLF
いずれも見て分かりますが、ゴルフゲームです。タイキはスポーツゲームが大の苦手で
その中でゴルフは数少ない比較的できるスポーツジャンルだったりするのですが
それがなぜ思い出に残るかと言うと・・・
実は非ゲーマーである父と親子で一緒にやった数少ないゲームなんです。
そして一度たりとも父に勝てていない。(そういえばWiiSportsのゴルフでも負けっぱなしだったw)

それもそのはずと言うべきか、実際に趣味=ゴルフで実際にラウンドしてる人間だから
当然だと本人は言ってます。その時は実戦とゲームは直接関係しないだろと主張したのですが
父曰くいくら自分の身体でラウンドする本物とは違いゲームとはいえ
操作の基本と環境データ(風速・高低差・グリーン傾斜)が分かれば
ゲームでも十分対応できるとの事。これって当たり前なんだろうか?
それとも逆にうちの父が凄いのか!?(ちなみに父は特殊アイテムは一切未使用・俺はアイテム使いまくりw)

2.スパルタンX(FC版)
ゴルフゲーが父にフルボッコされるジャンルだとしたら、このゲームは父が師匠になるゲーム。
このゲームに関しては完全に父に教わり、エミュとかでもたまにプレイする大好きなゲームの1つ。
1度だけ半分徹夜に近い周回耐久バトルを親子でやった事もある。
あ、ちなみに父とやる時はいつもBモード(上級者用)ね。
これで叩き込まれてアーケード版楽勝でしょってなめてかかって1周も出来ず
ゲームオーバーになった苦い経験も今ではすっかり笑い話。

3.ときめきメモリアル2
最初にはまったのは俺じゃなくて俺の妹。元々ギャルゲー否定派だった俺をなぜか妹が勧めてきた結果
見事にメモラーとなった記念すべきギャルゲーデビュー作。前にもブログのどっかで書いたと思うけど
1番最初に攻略した八重花桜梨さんが唯一不動の2次元嫁だ。
悪いがいくらアイマスのアイドルたちでも、流石に嫁には出来ない。でも応援はしっかりするぞ!

4.アイドルマスター
こっちは現在進行形で熱く書いてたりしてるから、今から書き始めるといろんな意味で危険w
延々と終わりが見えない記事になりかねんし、纏めきる自信もない!

他にもあらゆるゲームにそれぞれエピソードがあったりするけど
今回はここまでにしておこう(苦笑)  
Posted by chronoss_shine at 00:00Comments(0)TrackBack(0)