February 07, 2020

【龍が如く7発売記念!】タイキ、覚えてる限りの龍うたカラオケに行ってきた

我が家のペットの死によってすっかりしんみりモードになりつつある
このオフ平穏だが、ここからは気持ちを切り替えて先日行ってきた
ヒトカラの話をしてみようと思う。まぁ目的はタイトルの通りなんだけどね(苦笑)

本題に入る前にこの原稿書いてる時点での進捗としては第13章に突入したんだけど
蒼天堀バトルアリーナで素材集め兼ジョブLV上げに夢中になっており本編が進まないw
(本編もそうだけどドラゴンカートも進めたい)
春日君の修羅場イベントも見たいけど、情熱LVがあと1つ足りない(苦笑)
会話イベントはありのまま素直に答えてるから、人間力の上がり方に偏り出るのはやむを得ないし…
ちなみに7の女性陣だったら菜乃葉スタイルの紗栄子かソンヒさんかな?
だけど龍が如く世界の女性陣全体ではやっぱり5のキャバ嬢りくが1番だから!
では早速本題に入っていきましょう(どんな始まり方だw)

【今回のセットリスト】
バブル/湘南乃風
JUDGEMENT-審判-/桐生一馬(ただよく聴くのは錦山Ver)
×3シャイン/ユキちゃん
神室雪月花/桐生一馬
MachineGun Kiss/桐生一馬(足立さんVer聴き込んでます!)
rain drops/花ちゃん(個人的にはRio verが好き、むしろ買った)
神室純恋歌/秋山駿、花ちゃん(語り部分歌詞あって助かった記録おぼろげだったから)
GET TO THE TOP!(OF THE END版)/真島吾朗(もうこのVerしか歌えないw)
ばかみたい/冴島大河(毎回PVの写真見て腹筋を鍛えてますw)
KONNANじゃないっ!/澤村遥(情熱的だよ全員集合mixの幻聴がw)
ring/りく(先日ユキちゃんVerリリースを知り、即購入。でもりくが1番)
本日はダイヤモンド/桐生一馬
24時間シンデレラ/真島吾朗(実質龍が如く0のエンディングと言っても過言ではない)
牙狼〜SAVIOR IN THE DARK〜/JAM Project
いくつもの愛をかさねて/岩崎 元是
未来への咆哮/JAM Project
SKILL(AlbumVer)/JAM Project
GONG/JAM Project
嘆きのロザリオ/JAM Project
サーフ天国、スキー天国/松任谷由実
恋人がサンタクロース/松任谷由実
A HAPPY NEW YEAR/松任谷由実
目が逢う瞬間/如月千早
アメイジング・グレイス(BGMのみ)

なんだこれ…我ながらなんだこれ!途中から龍うた関係ないしw
知る人には分かっちゃう内容のセトリだけど、これでも不完全Verなんだよね(苦笑)
まぁ2時間しかなかったから仕方ないんだけどね。
そんなこんなで帰宅した際に、うちのワンコの余命宣告聞かされたんだったよなぁ・・・  

Posted by chronoss_shine at 06:20Comments(0)

January 08, 2020

2020年は久々にゲーマーに戻る1年!?

ここ最近はスマホゲーメインになってて別途ゲームを購入する事は少なかったんだよね。
家でゆっくりゲームをやる余裕もなかったし、Vita生産終了が大きかったね。
別の理由としてはその分をエレキギター関連に回したり
ライブ円盤やライブ参戦に使ってたからかな?

とにかくそんな感じで最近はTVゲームに手を出してなかった訳だが
(例外だと最近だとDbD、少し前だとスパロボTやスプライト君から借りてたバイオRE2)
2020年は早くも気になる作品がいくつかあるんだよね。
しかもタイキにしては珍しい据置機であるPS4でだよ?
最もSwitchで特別やりたいゲームないし(買うなら皆で遊べるパーティゲーかリングフィット?)

.丱ぅハザードRE3


待ってました!リメイク版バイオ3ですよ。
バイオハザードシリーズの中で1番好きだった3が遂に来た!
ただバイオシリーズの歴史上では3での重要な要素って
ジルがTウィルスに感染させられる事位なんだよ。(後は滅菌作戦が初めて描かれた)
ストーリー上では今後に影響を与える要素って少ないんだけど
ジルの隠し衣装の豊富さだったり、ラクーンシティを歩き回れたり
追跡者に追われる恐怖感だったり、クリア後の後日談集めとか
マーセナリーズとか、無限武器の使いやすさとかで1番やり込んだんだ。
だけどRE2でも相当怖かったけど、RE3は一体どうなってしまうんだろうなぁ・・・
今年の4月発売という事で早速予約してきたけど、気になるゲームの中では最優先で確保だね。

FF札螢瓮ぅ


この作品程”綺麗な映像・画質”でプレイしたい作品はないかもしれない。
ただなぁ・・・言いにくいのだが同じスクエニが作ったキングダムハーツ3が
期待し過ぎた結果、個人的には残念な内容になってた事もあってちょっと心配でもある。
それと・・・一応事前予約したけど、値段が高いんだよねぇ(苦笑)
消費税10%もあって何気に買うには痛い出費になりそうなのがちょっとね・・・
同じ代金でアイマスライブ現地行けちゃうって今の俺だったら考えちゃうし。
だから予約キャンセルして様子見する可能性もある。

N兇如く7

龍が如くシリーズ新主人公、春日一番の活躍が見たいというのと
舞台が地元横浜という事もあって、めっちゃ気になってる。
(横浜と言っても関内・伊勢佐木町・中華街辺りみたいだけど)
ただ以前買ったキムタクが如くことジャッジアイズが終わってないどころか
始めてもいないので(1章体験版触れた程度)買うのはそれが終わってからだな。
一体いつになるんだ?って話だなw  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 03:15Comments(0)

September 12, 2016

タイキ、またまたヒトカラに行ってきた

タイキ一家とのカラオケ・シンデレラ4th・そして次回書く予定のアイマス熱唱オフの影響もあってか
すっかりカラオケ熱が止まらなくなってしまったので、4th後の夜勤シフト週終了と共にヒトカラに行ってきた。

2016年9月9日・・・
あくまで目的はアイマス熱唱オフの練習が目的とはいえ、世間ではSMAPの芸能活動25周年記念を
迎えた日でもあるらしいとの事で、課題曲チャレンジがてらSMAP曲も
久々に歌ってみたらこんな感じになった。

【今回のセットリスト】
青いイナズマ/SMAP
笑顔のゲンキ/SMAP
奏/スキマスイッチ
がんばりましょう/SMAP
君色思い/SMAP
月光/鬼束ちひろ
月光花/Janne Da Arc
心の鏡/SMAP
SHAKE/SMAP
世界に一つだけの花/SMAP
BANG!BANG!バカンス!/SMAP
夜空ノムコウ/SMAP
らいおんハート/SMAP
LOVE LOVE LOVE/Dreams Come True


休憩タイムという名のジャンルチェンジ
今回の課題曲チャレンジは・・・失敗!(生すか風)
ってそんな都合よく何度も課題曲チャレンジうまくいくわきゃない。
そもそも夜勤明けで直行してるしさ(言い訳w)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 01:36Comments(0)TrackBack(0)

March 08, 2007

龍が如く劇場版観てきた!

連休に入ってからほとんどスパロボ漬けなタイキですが、
流石にそのままなのもまずいので、外へ出る意味で久々に映画館へ行ってきた
(これって何か目的と違う!?)
今回観てきたのは「龍が如く 劇場版」だった訳なんだけど、
基本的にはゲームの「1」とストーリーに変化はないのだが、
感想としては良いも悪いも半々な感じですね。
ある意味ここからはネタバレになってしまうかもしれないが、
回避する事を意識してても、これからの事が説明できないので
多少は触れていくつもりですのであしらかず・・・

・劇場版の良いポイント
まずは基本的に設定に極端な変化がないので、ゲームをやってから観た人でも
違和感を感じる事はあまりないでしょう。劇場版のオリジナルキャラクターも
多数登場してますが、特別桐生さんに絡む事が少ないので
それ程気にする必要はないと思える。

次に挙げるポイントは多数のアクションシーンですね。
原作の設定をうまく取り入れているので、ヒート状態などもCGで
うまく表現されているので、純粋な格闘が見たいと思う人以外は
結構気に入ってもらえるだろうと思ってます。
そして桐生さんの強さという魅力もしっかり伝わってきます。
桐生さんを演じる北村一輝さんの「桐生一馬」も決して悪くないと思えますね。
ただ原作よりか若く見えるので、そこに違和感を感じる人にはどう思えるだろうか?
そしてアクションの中にも笑える部分があり、要注目と言っていいだろう。
特に「スタミナンスパーク」に関してはゲーマーにとっては最高デス!(爆)

・劇場版のツッコミポイント
ここからは個人的に気に入らない部分を書いてみよう。
まず風間のおやっさんが渡さんじゃない事。(笑)
ただ渡さんが実写でもおやっさんをやってもらえるとしたら、
足負傷前の二丁拳銃使いの殺し屋モードか、あるいはショットガンを持って
大暴れしてもらいたいですな(核爆)


次にオリジナルキャラクターのシーンが多すぎるので、
本編ともいえる桐生さんの人間関係等についてのシーンが
あまりにも省略されている事。ゲームをやり込んで観に来た人には
大した問題ではないのかもしれないが、何も知らずに映画を見た人には
登場人物の関係などの把握は難しいのではないだろうか?

3つめとしては、元ハリケンジャーなあの彼が犯罪に走ってる事(水爆)
これに関しては詳しく言えないのが残念だが、
かつて「伝説の後継者」と呼ばれた彼も、この作品では普通の青年でした。
だがしかし!彼の登場するシーンは結構多いので、ハリケンファンとしては
久々に注目して観る事が出来ました。
(エンドクレジットでは2人目だったよ彼!)

まぁ他にもいくつか挙げたい事があるのですが、
これ以上長くするのもどうかなとも思えるので(説得力ないがw)
最後にひとつ・・・真島の兄さんはやはり不死身かつ最凶の男だった。
あっ!・・・白鳥さんがどこに出てたかチェックするの忘れてたぁーっ!!不覚!!!
  
Posted by chronoss_shine at 19:19Comments(0)TrackBack(0)