February 17, 2020

龍が如く7をクリアして…

先日も書いたが、龍が如く7を無事にクリアした。
発売前はRPGになった事もあって賛否両論だったけど
蓋を開けてみれば結構面白かったとの声もあり、自分も肯定的に捉えてる1人だ。

しかし今作から新主人公という事もあって、春日一番というキャラクターや背景説明が
どうしても必要かつ長めになる事もあり、序盤は色々としんどかったな。
プレイヤーとしてもそうだけど、荒川のおやっさんの過去とか息子の真斗の境遇もツラいし
そもそも一番に関する周囲の反応も複雑だった。
神室町の住民に育てられた男として住民サイドからはそれなりに親しまれてるけど
荒川組の中での扱いは決して良くない。世話をする真斗や若頭の沢城から嫌われてるし
荒川組のメンツや看板を守る事を優先して極道としての務めを果たさない”半人前”だから
仮にこのまま荒川組の人間としてそのまま過ごしていれば、”堂島の龍”のような活躍はおろか
親っさんのフォローあったとしても、そのうち鉄砲玉にされるか
身内に始末されてたかもしれないよね。
(そもそも親っさんに救われなかったらその時点で人生終了だけど)
だから例の一件で一番がお勤めに行く事になったのも、社会的経歴としては致命傷でも
親っさん的には一番の為になるんじゃないかって思いもあったのではないだろうか?

そんなこんなで第1章〜第2章が終わり、いよいよ横浜に送り込まれてからがゲームの本番。
所持金も失われ(ATMにあるけど)ホームレス生活を強いられる事となるが
何だかんだ異人三と関わる事になっていく。親っさんの件は一旦置いといて
横浜で生きてこうとしただけなのに、運命は新たな龍の覚醒を望んでいた(ゲームだからね)
ホームレス生活中は某水色の如く自販機の下を漁ったり空き缶集めに奮闘したり
(小学生の頃、小遣い稼ぎで俺も空き缶集め頑張ったのを思い出した)
とにかく1万2500円集めるのを目標に頑張った。え?何で1万2500円だって?
これで麻雀に参加できるようになるからだよ!
普段は花札こいこいでコツコツ稼いでたんだけど、最近のやつは麻雀の方が稼ぎやすい。
麻雀が出来るようになればこっちのもので、リセット+ロードを繰り返して
数百万貯めて少し楽になったら一気にシナリオ進めたけど
第5章に入ると会社経営が出来るようになってマネーバランス大崩壊w
(それでも装備整え始めると全然足らないけど)

ただ会社経営シナリオ終わると完全に作業になるから、短時間で稼げるけど
正直あまり好きじゃなかった。だから会社経営で300万稼ぐ→すぐそばの雀荘で
ロイヤルカップ参戦して更に500万稼ぐって感じで遊んでた。
(それでも武器開発・強化とかし始めるとまだ足りないw)

終いには第12章で大阪蒼天堀に行けるようになると、ドンキがあった場所に
バトルアリーナが出来てて、完全に金稼ぎがこっちに変わった。
賞金が入る+素材が手に入る+レベルがめっちゃ上がるとこれほど効率的なものはない。
(ぶっちゃけ地下ダンジョン潜らなくても大抵これで何とかなっちゃうから
 バランスおかしいとしか言いようがなかった。)

気が付けば最強武器をある程度作った段階でパーティのLVが70以上になっており
何だか虚しくなってドラゴンカート残してクリアしちゃった。
LV70超えると、攻略法さえ理解してればボスも全然苦労しなかった。
真島の兄さん+冴島コンビ・桐生ちゃん・天童もそんなに苦労しなかった(面倒ではあったが)
一応クリア後に亜門控えてるんだろうけど、正直そこまでやる気しないんだよなぁ・・・
飽きた訳じゃないんだけど、多分燃え尽き症候群的なものかな?
(ホロライブ知っちゃったからもあるし、スパロボTの追加シナリオも残ってるから)  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 01:26Comments(0)

February 01, 2020

タイキ、VTuberに興味を持ち始める

切欠はここ最近マイブームとなっている龍が如く7だった。
7に関する情報を集めようとネットを巡回する内に何度か見かける名前があった。
その名前は「桐生ココ」、どうやら龍が如く7のゲーム配信をしているらしい。
最初はその程度の認識だった。タイキはゲーム系動画を見るにしても正直実況よりは
TASやスーパープレイ動画を見る事の方が多かったんだけど
バイオハザードRE2の2時間半クリアの参考の為に何人かのゲーム実況動画を
見るようになってから、実況動画にも興味を持つようになった。
そして今回もある程度進めたから見てみようかなと思いつつ本編だと長過ぎたから
切り抜き動画を試しに再生してみたところ・・・

Coco Ch. 桐生ココ(Youtubeチャンネル)






なwんwだwこwれwww
おいおい終始笑いっぱなしじゃねーかどうしてくれる、本気で腹筋崩壊するかと思った。
切り抜き動画とはいえ基本このテンションでプレイして実況してるとの事でこれは強い。
これはチャンネル登録してでもチェックしていきたい。

VTuberと言われたら、キズナアイくらいしか浮かばなかったし実際何してるのか
よく知らなかったし、そもそもyoutuberに関してあまり興味ないというか
むしろ苦手意識もあったんだけど、ここまで笑える動画見れるんだったら
ちょっと追っかけてみようかな?
あさココとかは他のVTuberネタもあるから、把握するまでちょっと大変かもだけど
ネタ自体は結構面白いから、観れそうな時はリアルタイム配信も見てみたくなった。  
Posted by chronoss_shine at 08:02Comments(0)

January 31, 2020

タイキ、龍が如く7を買ってみた(ネタバレ一応なし)

2020年1月16日に発売された「龍が如く7−光と闇の行方ー」だけど
前回のブログでの意見から一転して、真っ先に購入して睡眠時間を削りながら楽しんでいるw
(FF7リメイクが分割制と知って、買う気失せた。昔ほどゲームに金かけられんのよ)

最初は舞台が横浜(正確には関内・伊勢佐木町・山下公園・横浜中華街)という事もあって
地元民としてのプレイしてみたさがあったんだけど、今ではRPGになった事もあって
PS4使えなくても、Vitaのリモートプレイ使ってプレイしている。
戦闘システムが賛否両論らしいけど個人的にはRPG要素が辛くなってきたら
ジャッジアイズ戻ってストレス発散がてらアクション要素を満喫してもいいかなと思ってる。
て言うか内心安く買えるならPS4版の龍が如く0か維新あたりを
買い直そうかなと思い始めてる(どっちか選ぶなら、0だな)

とにかく言いたい事としては、RPGでも結構楽しめてるよって事!
同じRPGでも、もう全然楽しめないやつあるしSEGAがネタに全力投球してる事もあって
RPG過ぎなくて丁度いい感じかな?

話は7に戻すとして、主人公は桐生ちゃんから交代してONLINEの主役でもある春日一番。
彼についてはONLINEでの経験もあったから人間性は大体把握してるんだけど
7のオリジナル要素としては、幼少期にドラクエをやり続けて勇者に憧れているとの事。
(SEGAのゲームなのに、よく許可貰えたなw)
そんな事もあってか、本作ではRPGではお約束でもある仲間と共に巨大な敵と戦っていく事となる。

とりあえずこのブログ書いてる段階では第12章までプレイ済であり
もう後半戦に入ってるんだけど、今回のストーリーは中々面白い。
メインストーリーではイチの成り上がりぶりや仲間たちとの絆が描かれてほっこりする傾向にある。(5の冴島の網走刑務所パートとか結構好きだった)
元極道という事もあって裏社会に関する知識はそれなりにあるんだけど
古き良き極道+荒川真澄という憧れがあってか、極道らしくないんだよね。
ある意味0の桐生ちゃんのように半端者なのか?

馬鹿な所もあるけど自頭は決して悪くないので、猪突猛進という訳でもなく
だけど仲間や弱き者の為なら強大な相手にも立ち向かってく姿には大いに好感持てる。
桐生ちゃんの場合はネームバリューも戦闘も強かったから単身突っ走るイメージがあった。
(6の場合、悪い意味でそのイメージが目立つ場面もあった)
実際そうじゃないって分かってるんだけど肝心な時に痛い目に遭うか失う事が多かった。
でもイチの場合は、桐生ちゃんのような強さもなければ東城会でも若衆のままで
桐生ちゃんとはまた違ったどん底を経験してるけど、その分イチは強い信念はあるけど
1人では突っ走らず、仲間の支えを受けて立ち向かっていくから
ある意味桐生ちゃん以上に好感を抱いてるかもしれない。

龍が如く0や1では極道要素が強いからメインではドシリアスかつエグイ場面も多かったんだけど
7は新規ユーザー確保を意識してるのか、結構感情移入しやすい。(ないとは言ってない)
特にイチとナンバの絆の物語は、結構涙腺に来るし・・・
そして相変わらずサブストーリーもネタに突っ走ってて笑えるから好きなんだよね。
特に好きなのは弟の手術代を得るために募金活動に励む少女のストーリー。
これは笑い話ではないんだけど、これ何部作かになっててけなげに弟の命を救おうと
学校を休み体調を崩しても危険な街である異人町で声を上げ続ける。
そりゃあ春日のおじさん、いくらだってお金出しちゃうわ。
何、100万?10分時間くれればおじさん何とかしちゃうよ!(サブの会社経営進めば本当に可能)

それと今回はキャバ嬢攻略がなくなった代わりに、別のパターンで女の子たちをオトす
イベントがあるらしいけど(修羅場イベントもあるらしい、八神君にはなかったのに!)
浪漫製作所のすみれちゃんと大海原の宮越さんはフラグ立っちゃった(猪狩君、すまんのぉ)
一番製菓のえりちゃんは時間の問題だし(全ヒロイン中、唯一外堀まで埋められつつあるw)

12章からは過去の龍が如くキャラも続々登場するらしいのでメインストーリーも
大いに盛り上がっていくだろうから、金稼ぎつつ楽しませてもらうつもりだ。  
Posted by chronoss_shine at 21:40Comments(0)