May 03, 2019

タイキ、令和最初の日の過ごし方(タイキ・Vorf・スプライト珍道中シリーズ)−後編−

【前回のあらすじ】
・タイキ、Vorf氏、スプライト君が久々に集結!
・今回はボーリングと焼肉っしょ!
・スプライト君、人生初ボウリング、初ストライク達成
・スプライト君、メイド喫茶以来久々に駄々を捏ねる。

2ゲーム分のボウリングだけではとても時間を潰せないので
焼肉の予約時間までの間は、ゲーセンで過ごす事に。
「俺めっちゃ右腕痛いけどプレイに影響でないよなぁ・・・」なんてボヤキながらも
ハイテンションでゲーセンに向かうスプライト君を3X歳児の面倒をみる保護者目線で
見ながら久々のゲーセンで何しようか考えていたんだけど・・・

1.星と翼のパラドクス
星翼よ!私は帰って来た!!という訳で約半年ぶりにプレイ再開。
ぶっちゃけて言うとこっちに金かけてる場合じゃなくなっただけで
ゲーム自体は未だに面白いと思ってるけど、やはりあの頃とは違って
やや過疎気味になりつつあったのがちょっと残念だったね・・・新規・初心者にとってはだが!
しかしトリプルスター以上のランクでは相変わらず熱く激しい戦いを繰り広げていたらしい。
そんな訳でブランク持ちで復帰した唯一のトリプルスターであるスプライト君は
地獄を見る事になり、おかげで普段使ってたアサルトではなく生存重視で
サポート特化で動き回り続けた結果、スコアこそ稼げなかったものの
チームの勝利には貢献したらしく、そんなこんなで10戦以上挑んでいた。
(キャンペーンのポスター目的でやってたのだが、普段ヒカリでプレイしてたくせに
 ポスターはシャーリーちゃんのを貰ってたw)

そんな地球野郎が地獄を見てた間、ダブルスターだった俺とVorf氏は
先述の通り全国対戦でのCPU率の高さもあって、CPU相手にまったりバトルしたのだが・・・
なぜか2人とも前より上手くなってた(苦笑)
明らかに戦績内容が変わってたもんね〜だがVorf氏の方はまだまだチームメイトへの
指示出しやアシストは慣れていなかったようなので俺がナビゲーターをしつつ
戦い方を再伝授する事でバンバンスコアを稼ぎまくる。
立ち回りは分からなくてもプレイスキルは高いので、当然の結果だったのかもしれない。

一方の俺自身は、すっかり司令塔として動き回る癖がついてしまっており
以前と同様に積極的な指示出しやアシストしつつヴァンガードでひたすら切りまくってた(苦笑)
試合は負けがちだったけど、スコアではポート占拠と長時間生存で貢献した結果か
チーム戦績では1位か2位をキープし続けた。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 18:30Comments(0)